複数条件指定 一発検索

HOME > スクエアライン ブログ > 集中できてるときの絵

タグ別アーカイブ: クリエイティブ

集中できてるときの絵

健康, 整理, 物流, 解決

<一度に複数の仕事が降りかかってる絵>

E593B58D-F4C5-406F-BD0F-99F4DA42D0B2

 

<ひとつひとつ仕事をさばけるときの絵>

8FB641BC-20E6-4BD2-9B36-1E337B93EFD2

 

むかし、複数の敵 VS 自分1人みたいなときに

狭い通路に誘導してひとりひとりと戦うみたいな戦法をみました。

 

物流現場でも想定外に荷量が跳ねて、受け入れ準備が出来ていないときには
冒頭1枚目の図のような状態になっているときがありますよね

 

あっちからも敵

こっちからも敵

 

普段ひとりひとりなら余裕で相手に出来る実力があっても

不意打ち状態となれば四方八方からやられてしまいます

 

この図では仕事をさばく対策として

 

「狭いところに誘導する」

 

ことで「5VS1」から「1VS1」に転換する作戦を実践しています

 

①戦略を考える時間があれば対処できるのか?

②どこかでアイデアをインプットすれば解決策が提案できるようになるのか?

 

 

物流の現場にはどちらも足りていないと思います

 

 

「忙」とは心を亡くすと書きますが

 

いいアイデアは「心」がないと浮かばない

 

 

心を亡くさないためには「時間」がないといけない

 

 

そういう意味では昨今の残業時間規制について各社が本腰を入れて意識的に取り組んでいることは上記の問題の解決のために良い傾向だと思います

 

 

「残業がないと稼げない」

 

 

という層のフォークマンにとって今は苦しい時代になってきています

フォークマンが稼げる月収は日勤時給1,600円の現場で残業含めて33万円/月

例:時給1,600円×160h(20日稼働)+残業時給2,000円×20h(残業平均1h/日)=33万6千円

 

まだ今の時期だと

時給1,600円台となると湾岸地域が多い傾向です。

 

とはいえ、

 

 

「お金も大事だけど、それよりも心身ともに安定して長く続けられる現場がいい」

 

 

というお声もよくお伺いします

 

「職場との相性」

 

 

ですよね

 

うーん、でもなんかんだいって

長期安定して勤続しているスタッフさんの傾向としては

 

 

「職場が家から近い」

 

 

ということが多いような気がします

 

家が近くても

 

 

「職場が移転して遠くなった」

 

 

という自分ではどうしようもない要因もあるので難しいですが

 

でも

 

 

「物流とは流動的なもの」

 

 

であることは間違いないですよね

色んな事情が変わる

 

「仕事の内容」「一緒にはたらく人」「最適人数」「勤務地」

・・・「残業削減」「AIロボットの導入」

 

 

最後、どう結ぼうかと思うのですが

 

結局は、

未来を読んで準備するという「戦略」が必要なんだと思います。

 

私も今の仕事の形が未来永劫続くなんて、まったく思っていません

 

だから自分の考え方、働き方をアップデートしていくことが最近のマイブームです

 

今はそうですね、

出会った方とじっくりお話をするための「心の余裕・時間」を持つことが課題です

 

今日このブログを書いているこの時間は、そういった時間を持てています

 

営業 / 佐藤

アイデアに価値はない

ワクワク, 新しい取り組み,

充実したとてもよい一年でした。

2018年まで残り13日。

FA8E08DA-F0CC-4302-89A5-A48B898DF3C1

「アイデアに価値はない」

というタイトルで始まりましたが、

4年前、2013年に出会ったこちらの本の中の一節です。

スクエアラインに入社する前はとにかくクリエイティブなことに飢えていて、

アイデア本やデザイン、コミュニーケーションの活性化とか、そういったジャンルの情報をとにかく読み漁っていました。

 

充実した一年と感じたのは、

初めて情報のインプット量よりも

情報のアウトプット量の方が多かったなぁと感じたからかも知れません。

 

アイデアというのはわりと思いつくんです。

いつもと少しだけ違う刺激を自分に与えれば、閃くものなんだと思います。

 

仕事の中で

「もっとあーすれば良いのに、どうしてこの会社はそれをしないんだろう」

「こっちの方がいい方法なのに、なんでここの人たちは気づかないのかな」

 

という呟きを心の中ですることはわりと誰にでもあるんじゃないかと思います。

 

もしくは、

心の中でなく、実際に他人に面と向かって言っている方もいると思います。

 

それは「アイデアがある」ということ。

他人が気づいていない点で、自分が見えていることがあるというのはとても素晴らしいことです。

 

でもそれだけでは「価値はない」のです。

 

大事なのは、

そのアイデアを周りの人が共感して、

一緒に実行に移してくれることです。

27BCBA3D-2352-4F6B-ACEC-A0AF0BE65EB7

このグラスのエピソードはそのヒントの一つです。

私の結婚式のときの引出物です。

私の名前は「Masato」ですので、グラスの「Masayuki」「Ayako」は私と妻の名前ではありません。

 

こういった引出物は新婚夫婦の名が刻印されたものを引出物としてお渡しすることが通常だと思います。

しかし、このグラスはもらった後もずーっと使ってもらえるように、参加者本人の名前が書いてあります。

 

確かに他人の夫婦の名前が書いてあるグラスを日常生活で使いたくないですよね。

 

このグラスとの出会いは

「自分のプレゼントした物が、その人の生活シーンに置かれたときにどう映るか」という視点を教えてくれました。

 

つまり、

「アイデアに価値がない」というのは、

アイデアを受け取った他人が

「これはいい!」

と思うものでなければ、

それ以上発展することなく、アイデアだけで終わってしまうから「価値」にならないのです。

 

このグラスは私自身、

「これはいい!」と思って、

当時すでに決めていた引出物のカタログギフトをキャンセルしてこちらに乗り換えました。

 

「なんでギリギリになって言うの?」と、普段は優しい妻からは怒られましたが、

 

「自分が参加者に届けたいのはこのグラスだ!!」と初めて譲りませんでした(笑)

 

いい話なんですけど、妻と出会って初めての大ケンカはこの「引出物ギリギリで交換事件」でした。

 

妻とケンカするほど譲れなかったグラス、受け取った参加者は現在どう生活の中で扱っているのか気になって問い合わせました。

そうしたら今も、この画像のようにレイアウトして自宅で飾ってくれてたのです。

27BCBA3D-2352-4F6B-ACEC-A0AF0BE65EB7

 

ひょっとしたら画像を送ってくれるときにキレイに飾って撮影してくれたのかも知れませんが(笑)

 

まだ持っている。

これだけでも十分にありがたいことです。

 

相手の名前を刻印するアイデアはもちろん私のアイデアではありません。

 

これを製作・販売している会社グラスアートコグレさんのアイデアです。

 

どんな作品なのかを見たくて川崎市のアトリエを訪ねたら、オーナーのコグレさんが熱量の多い方で(笑)

 

「このグラスはなぜ相手の名前なのか」

 

「どのように結婚式で渡したらいいのか」

 

「どのように式場のスタッフにこれを置いてもらうよう説得すればいいのか」

 

全部プレゼンテーションしてくれました(笑)

 

「ちょっとこれは、ただ物を売ってるのと違うな」と。

 

そのグラスに対する想いや熱量が伝わってきて、共感しました。

 

実際にコグレさんの事前アドバイスの通り、

式場のスタッフさんは名前入りのグラスを置くことに最初否定的でした。

 

「間違えて置くリスク」と

「一つ一つ箱の中身を確認する手間」

が式場側にはあったからです。

 

ただそういったリスクに対しても

①あらかじめ席順通りにグラスを取り出せるように梱包すること

②箱の外側に参加者の名前のラベルをコグレさん側が貼って納品すること

 

など、式場側が「それならOK」と言ってくれるラインまで先読みする用意周到ぶりなのです。

 

「これが仕事か」と、

その段取りのプロフェッショナルぶりにただただ感銘を受けました。

 

おそらく、コグレさんも自分の想いをお客さんに届けるまでに色んな葛藤をしてきたと思います。

 

私がコグレさんと出会ったときはすでにノウハウが確立してすべてスムーズでしたが、

絶対にそこに至るまでに多くの失敗や苦い想いをしてるはずなんです。

 

私もそういう人を感動させるアイデア、仕事に憧れて、

あれやこれやチャレンジしてきたけど、

人に「届いた」と実感出来るものはほとんどありませんでした。

 

それが今年は

「少しは届いたのかな?」と感じられるお仕事が、本当にほんの少しだけですけど、出来た気がします。

 

スクエアラインがそういったチャレンジをさせてくれる会社なんです。

 

もっともっと「届けたい!」という想いで、アイデアをたくさん実現して運ぶ2018年にしていきたいと思います。

0A57A534-3F31-4A91-98BC-5C4E53E99CD2 303A2992-A8CD-46D4-AB3F-467CF4370A76

営業 / 佐藤

道具は進化している

かけ橋, ワクワク, 解決, 音楽, ,

前回、突然のムービー出演で集まったバンド(高校時代の仲間)との一ヶ月ぶりのスタジオ。

 

ベーシストが何やら見慣れない機材を使って練習をしていました。

 

IMG_5201

 

この楽器の右上に刺さってる機械です。

 

IMG_5200

 

「これを刺してイヤホンをするとアンプで鳴らした音になる」とのこと。

 

IMG_5200

 

しかも音楽プレイヤーとつなぐと音楽を聴きながらアンプの音も同時にイヤホンに流れるとのことで画期的なアイテムでした。

 

amazonでたった1600円で購入出来るとのことです。

 

エレキ楽器の悩みは自宅でアンプを鳴らして練習すると音が大きく近所迷惑になります。

 

だから音量を増幅させるアンプに楽器をつなげたら、基本的にはヘッドフォンをして練習をします。

 

IMG_4896

 

アンプは当然重いですから気軽に持ち運び出来ません。

 

しかし

IMG_5200

 

このアイテムがあると、持ち運びか手軽で、ちょっとした空き時間やスタジオでの待ち時間にロビーで練習できるのです。

 

昔、この仕組みと同じような練習をするためにイヤホンで音源を聴いて、イヤホン上にヘッドフォンを被せて練習していました(汗)

 

「道具は進化しているなぁ」と驚きました。

 

営業 /  佐藤

受け手がその使い方を自由に決める時代

かけ橋,

コクヨデザインアウォード2016の表彰式を見に行ってしました。

image

私がこの表彰式を見に行くのは

アートディレクターの佐藤可士和さんが審査員として参加しているから

 

昨年参加した時には、

グランプリが決まるこの表彰式に審査委員長の佐藤可士和さんがまさかの欠席という大ショックがあり、

 

客席で1人放心状態で表彰式や審査員たちのトークショーを見届けるということがありました。

 

今年は・・・

image

 

来てた〜!!(一番左の方)

 

image

ちなみにグランプリになった文房具はこの長い棒「素材としての文房具」

めちゃめちゃ長いえんぴつに、めちゃめちゃ長いステンレス定規に、めちゃめちゃ長い消しゴム

 

この長いのを好きな長さに切ったり、好きな形に削ったり、建築の模型の素材に使ったり。

離れた所から長いままの鉛筆を使って不安定に線が描かれることをあえて楽しんだり。

「自分の好きな形、用途にカスタマイズして、使い手が使い方を決める」

そんなコンセプトの作品です。

そもそもこのコンペのテーマが「How to live」

 

どのように生きるか?

 

という難しいテーマだったそうです。

 

グランプリに届かなかった作品は

image

マンガのコマ割りが振ってあるガムテープ

「マンガムテープ」

アマゾンなどの通販で宅配で梱包された箱を受け取る機会が増えてる時代。

ガムテープのマンガにメッセージを込めてプレゼントが出来たりというもの。

 

image

「どうぐのきねんび」

昔の写真には右下に日付が思い出の瞬間と共に刻印されていました。

幼い頃の自分の写真の中に、例えば明確に「1989.11.23」などとと日付が書いてあったらどうでしょう?

グッとノスタルジックな気持ちと共に時の流れを感じるのではないでしょうか?

それと同じように持ち物にも、そのアイテムを手に入れたときの記念日を刻印するというコンセプトのスタンプです。

 

image

こちらは数字が1〜10まで振ってあるハンガー。

 

どの作品も「それ便利なの?」「いや〜、自分なら欲しくなるかな〜?」「いや、要らないかもな」など色々思いましたが、新しい発想というのは万人に受けるかどうかを考えないでまず自分で「これは面白いんじゃないか!?」というとのまず表現してみる。

世の中に投げ見てみる。

ということなんだと思いました。

 

一年越しにこのイベントに参加して、念願の生・佐藤可士和さんの雰囲気を感じれて、休憩時間には審査員席まで行って佐藤可士和さんに少しだけご挨拶して

 

なんせ会社で使ってる国立新美術館のマグカップも、今治タオルも、Tカードも、ユニクロも、セブンイレブンのコーヒーも佐藤可士和さんのデザインしたものを選んで使ってるぐらい憧れのビジネスパーソン。

 

名刺交換しに行って、名刺を佐藤可士和さんが持っていないところも「本物だ!本当にムダなものを持たずスマートだ!」と名刺交換出来なかったことがまた心に残って感動してる自分がいます。

(そりゃ、名刺 記念に欲しかったけど・・・)

物として残るんじゃなくて、サイン色紙でも記念写真でもない、もっと深く刻み込まれるインパクトを数秒で伝えるのが佐藤可士和さんらしい。

 

営業 / 佐藤

人は自分の好きなこと、 得意なものには溢れるほどの情熱を注ぐことが出来る

ヒューマンコンシェルジュ, ワクワク, 休日, 新しい取り組み, 活躍, ,

人は自分の好きなこと、
得意なものには溢れるほどの情熱を注ぐことが出来るんだと思います。
誰に指示されるでもなく黙々とやり続けられること。

 

例えば、

 

どんなに仕事が忙しく疲れていても

休憩時間になると、好きなイラストを手癖のように描いていたり

 

休日の貴重な時間を、惜しまず自作のアクセサリー創りに費やしたり

 

一日頑張った帰り道に、オリジナルのメロディを鼻唄で口ずさんだり

 

本人にとってみたら好きなこと、

何の気なしにやっている自然なこと。

 

ひょっとしたらその人たちにとっては

ただのリラックス方法。

 

けれど、それは他人にとったら

「えっ、なにそのスキル?すごいじゃん!」

って思われることかも知れない。

 

他人から見たらものすごく特別に映って、

人に感動を与えていたとしたら、

 

それはもう立派なエンターテイメントです。

 

人生が表現の場所に生まれ変わります。

日常は新たな変化や価値観を見つける旅になります。

 

その一歩が何に向かっている一歩か確信できる。

 

2012.8.7のコメントをオマージュ

 

営業 / 佐藤

広告宣伝チャリを作りたい

スクエアラインNews, 新しい取り組み, 解決, , , , ,

4月1日より大宮区役所前のスクエアライン大宮営業所へ異動しました、佐藤です。

 

本社のある岩槻は営業車に乗り込むまでの所要時間がドアtoドアで1分未満だったのですが、

 

この大宮営業所はなんとドアtoドアでー、

 

15分

(じゅぅーーごふぅーーーんぬっ!)

 

駐車場が遠ぉーいぃ

 

すごぉーく、遠ぉーいぃ

 

だから、自転車が欲しいのです。

 

でも、ただ自転車買って移動するのも

 

なんか芸がない気がしまして。

 

image

 

こんな感じの宣伝チャリだったらいいなって思ったんです。

 

大宮営業所はビルの6Fにあって、

 

看板も特になく目立たないので、

 

駅前の裏路地を通りかかった人にすら、そこにスクエアラインという派遣および職業紹介の会社があるっていうことを認知されていません。

 

であるなら、

駐輪してるときには看板や広告になり、

 

チャリ移動してるときにはなんだか目立って、

徒歩15分の天沼町駐車場に停めておけば、

新築戸建に住む近隣や保育園の送り迎えの方たちの目に止まって、

少しはスクエアラインの広告宣伝になるんじゃないか?

 

と考えました。

image

※天沼町駐車場は新築戸建に囲まれひっそりとあります。何もないということは、何かあると目立つのでは?

 

Re:cycle moleを経営するアドバイザーの青沼さんに実現させたい広告自転車のイメージをお伝えし、

image

「後輪のサイドに広告を差し込める」

「後輪の二台の上に三角に広告を立てられる」

「サドルの下にも広告を掲げられる」

など、設置位置についてもアドバイス頂きました。

 

不便を感じるところからアイデアは生まれると私は信じているので、

この自転車広告プロジェクトはマイテーマとなりそうです(^◇^)

 

image

※偶然、昔の大口取引先を訪問して際に見つけた伊奈町のリサイクル自転車屋さん。

なんでも自転車の保有台数は埼玉県が一位だそうですよ。

営業 / 佐藤

SQUARE LINEオリジナルTシャツ始めました

スクエアラインNews, 新しい取り組み, , , ,

2006年5月1日は

スクエアライン創立記念日

 

来たる、

2016年5月1日に

 

10周年!!

(てぇーんすアニバーサリーいゃー!!)

 

昨年10月頃から着々と行われてきた

オリジナルTシャツプロジェクト

 

12188716_10208261397118658_932861787_n12188412_10208261396918653_1358369841_n

 

4/8(金曜日) 12:45

 

夏日の予報もあり暖かくなってきたことからSQUARE LINEオリジナルTシャツを試験的にこちらの派遣現場で着用解禁しました。

 

image

image

 

お取引先様より「スクエアラインさんは制服ないの?スタッフの人数も増えてきたし、揃ってるとカッコイイんじゃないかな」というアドバイスがキッカケでTシャツ作りはスタートしました。

Tシャツ

制作は地元岩槻の青蛾堂さんに依頼し、
デザインやシャツの耐久性、洗濯してもプリントが剥がれないかなど綿密な打ち合わせをし、

社内でも色んなカラーやシャツの素材など吟味したうえで、決めていきました。

 

当社のコーポレートカラーが「赤」「白」ということもありロゴの中に組み入れましたが、「なぜ”Q”に赤なの?」という疑問があると思います。

 

当社社長岸波のアイデアで、スクエアラインのミッション「常に考える(Questionを持つ)」という意味からこの案を採用しました。

まだ試験着用が始まったばかりですが、一番の驚きは派遣スタッフのみなさんが笑顔でTシャツを着てくれたことです。

 

今後、このTシャツがどのような形で活躍するのでしょうか?

 

営業 / 佐藤

クリエイティブ派遣社員

かけ橋, スクエアラインNews, ワクワク, 新しい取り組み, 活躍, 解決, , , , , ,

今日は入間市にお勤めのクリエイティブな派遣社員さんのご紹介です。

IMG_1066

クリエイティブ派遣社員Yさんは三井アウトレットパーク入間の近くにある物流倉庫にて活躍中。

快晴のこの日は青空高く、清々しい環境です。

IMG_0068

倉庫の隣には狭山地方らしい茶畑があり、のどかな雰囲気を望めます。

IMG_0115

クリエイティブ派遣社員Yさんは建築の技術を活かしてある創作をしてくれました。

さて、何を作っていてるのでしょうか?

IMG_0111

おや?これは!?

IMG_0112

もしかして?

IMG_0114

わかりましたか??

IMG_0118

なんと!手作りの木製ベンチです!!

(撮影ご協力:クリエイティブ派遣社員・及川泰政さん、ありがとうございました!!)

IMG_0172

この椅子は屋外の休憩所へ設置され、倉庫従業員の皆さんの憩いの場所になっています。

11943357_10207914950937720_1861834051_n

その他に書き物に使用する作業台や・・・

12650309_10208902327901527_2146539080_n

パレットを重ねて作った収納付きのテーブル(キャスター付き)も自作で作っていただきました。

12660216_10208902327301512_667618249_n

ちゃんと黒いマジックで「〇〇の書類はココ」と収納場所まで明記されています。

ガムテープの廃材もペン立てに見立てて使ってるクリエイティブな職場デザイン!!

IMG_0069

こんなワクワクする現場で働いてみませんか?

ところで、、、なにをする仕事って?

11716127_10207434368043448_1348321293_n

フォークリフトでフェンスや雑貨等を運ぶ現場です♪

どんな仕事もアイデアひとつで無限大に楽しくなりますね。

営業 / 佐藤

人が驚くのを見て、それはすごいことなんだと思った

休日, 新しい取り組み, , , , ,

遠い記憶。

4つ年下の弟がベビーベッドから立った時。

image

急につかまり立ちした赤ちゃんを見て、
母がビックリして「えっ?うそっ?」と大きな声をあげたのだ。

母が驚いてるその様子を見て、当時4歳半ぐらいだったであろう私は

「立つって、、、驚くことなんだ??」と幼ながらに衝撃を受けた記憶がある。

私は人が驚いてるのを見て初めて「驚く」とは何かを認識したんだと思う。

おそらく、母が驚かなかったら、
「赤ちゃんが立つ=驚くべきこと」とは認識していないだろう。

つまり、私は人が驚いてるのを見て
「あぁ、こういうことが驚くべきことなんだ」と相対的に認識したんだろう。

最初っから自分の感情で驚くんじゃない、人が驚いたのを見てマネして驚くようになるんだ。

社会人になってから、
実はこのようなことは大人であっても同じなんじゃないかと思うことがよくある。

自分にとって影響力がある人、尊敬する人が驚いたのを見て、「それはすごいことなんだ?」と自覚するようになる。

今は母が何かに驚いたとしても、
私が同じように驚くことはない。

それは幼い頃に比べて、親の影響力が弱まったからだろう。

image

ある時は兄の影響でギター、
ある時は(スクエアラインで同僚の営業)刈間さんが20歳頃に渡豪したことの影響で私もオーストラリアワーホリへ。

26歳での初海外がいきなり1年の長期生活だった。

身近な人がシドニーでした衝撃の体験記を聞いて憧れて、自分も感じてみたかった。

驚きを与えてくれる人、

影響を与えてくれる人は自然と周りにいた。

親から家族、友人、

家庭から学校、社会に場所を移して。

けれど、

霧が晴れて視界がパーッと開けたような大発見も

自分で十分に味わったあと

だんだんその衝動がやせ細っていく。

「確かにあの時、心を揺るがすような衝動に出会えたのに、、、なぜ??」

ドトールでバイトしてるときに初めてこの感覚を自覚した。

8年間、ほぼ毎日シフトに入って、業務を卒なくこなすだけで、新しい刺激を感じられず。

新しく入ってくる新人の方が仕事が出来ないのに楽しそうだし、人生充実してるように見えた。

感受性が枯れてるのを自覚する中、やっと衝動に出会えてもたった2週間で冷めていく感覚。

この冷めていく感情の答え、

「そもそも人は飽きやすい」ということ。

小さい頃のように好きなアニメの映像を何度見ても飽きずに、全てのセリフを覚えるほど見続けるような夢中さがあったらどれだけ最高だろう?

目指すべきはあの頃のような感覚なんじゃないか?

大人になると経験則が邪魔をして慣れが生じてしまう!?

「常に自分とって新しい挑戦をしてくことでしか夢中になれる衝動はキープできない」

自然と人と出会う機会が減っていく大人になってからは、

自分で見つけるしか新しい価値観に出会えない。

とにかく本を読んだり、音楽や英語の趣味を派生させたり、自分から新しい人と出会う機会を増やした。

アートディレクター佐藤可士和さんとの出会いはTVのカンブリア宮殿だった。広告やデザイン、ヒット作を生み出す仕事のこだわりに興味を持ち始めた。

image

(佐藤可士和さんに会うために参加したKOKUYOデザインアウォード授賞式はまさかの佐藤可士和さん、当日欠席)

たくさんの刺激の中でも、自分の好みやセンスに応じて影響をうけたいものがハッキリしてきた。

人から与えられた影響だけでなく、自分の欲してるものを自ら掴みに行く感覚が分かってきた。

心の奥で「かっこいいなぁ」「自分もやりたいなぁ」というセンサーが働くようになる。

そういう憧れや目標が湧き上がるとワクワクして毎日が楽しくなる。

近年、そのワクワクセンサーを自覚的に、能動的に捕まえられるようになった。

「自分の好き」に囲まれることです。
持ち物も、付き合う人も、時間の使い方も、自分の好みを知ったうえでちゃんと選ぶ。

image

ちゃんと自分の好きなものに影響を受けるようにする。

自分の気持ち、時代、周りの環境、トレンドが変化するに伴って、

どんどん、どんどん好きなものが増えていく。

いつだってその瞬間瞬間好きなものに囲まれていたい。

それがいいのだと思う。

image

(妻に柵代わりにされた私のお気に入り・カインズの座椅子に囲まれた息子)

営業 / 佐藤

本社オフィスの自販機にラッピングを!

かけ橋, スクエアラインNews, ワクワク, 新しい取り組み, , , , , , ,

道行く方にも当社のことを知っていただくために

スクエアライン本社(岩槻区)オフィス隣に設置されている

自販機の広告フィルムラッピングを行いました。

コーポレートカラーである赤と白を基調としたデザイン。

ちなみにスクエアラインのロゴマークはパズルのピースをモチーフにしています。

一つ一つのピースが組み合わさって未来を描く絵になりますように。

12576231_10208806292540703_489107497_n

営業 / 佐藤