複数条件指定 一発検索

HOME > スクエアライン ブログ > 枕とベースボール

タグ別アーカイブ: 成長

枕とベースボール

休日, 健康, 解決,

素晴らしい天気に恵まれた3連休でしたね。

この3連休の出来事を少しだけ。

 

~休息編~

IMG_5321

新しい枕を購入しました。

と、言ってもここ数年で買った枕は5個ぐらいあるでしょうか。

ホームセンターやらで試して「いいかも?」と思った枕を衝動買いしてきたのですが、

 

実際に使用してみると枕が高すぎたり、硬かったり、痛かったり。。。

 

自分に合う枕がなかなか見つかりませんでした。

そこで辿り着いたのが「ホテル仕様の枕」

 

朝目覚めたときも眠りについたときと変わらず枕の上にいれるのが理想の枕。

「ホテル仕様」で枕を検索すると色々出てきますが、

今回はアマゾンで購入してみました。

IMG_5322

真空パックで届き、

袋を開けると

IMG_5323

膨らみます。

感想が雑ですが、寝心地が良かったです。

高反発まくらと書いてありました。

ふわっと包んでくれるような寝心地でした。

 

~余暇編~

孫の成長を見に義理の父母が上京しまして。

稲城市の多摩川の土手で遊んだのです。

IMG_5340

IMG_5360

「巨人軍の多摩川グラウンドは近いのかね?」

と義父に尋ねられ、調べると車で40分向こうの田園調布。

 

行ってみる途中にwikipediaで調べると今は巨人軍では使ったおらず、

国が管理して市民に開放しているグラウンドになっていました。

それでも「聖地」

「昔ここで名選手たちが練習してたんだなぁ」

と想像しながらグラウンドを通過。

 

結局はさっきまでいた土手の近くが現在の巨人軍二軍の

読売ジャイアンツ球場があるとわかり、せっかく地方から来てくれたし

私も一度見たかったので現地へ。

 

すると、

IMG_5370

IMG_5371

ちょうど着いたころにイースタンリーグの巨人VSヤクルトがプレイボールしたところでした。

IMG_5372

1000円払って駐車場に止めて。

 

IMG_5373

大人1100円払ってチケットを買って

 

IMG_5378 IMG_5379

背番号8 片岡治大

 

IMG_5377

お客さんも結構入っていました。

IMG_5371

陽岱鋼、松本哲也、寺内尭幸、亀井善行、脇谷亮太、ギャレット・ジョーンズ

2軍と言えども、知名度のある選手がゾロリです。

試合は9-1で巨人が勝ったそうです(チラっと見て3回裏ですぐ帰ってしまったので)

営業 / 佐藤

モンテッソーリ教育

ヒューマンコンシェルジュ, 解決,

image

物心がついたときにはここで遊んでいた。

小さい頃に通っていた幼稚園のあった場所、に、偶然通りかかった。

幼稚園は閉園して、今は市の福祉施設になっている。

同級生の中でも「自分の通っていた幼稚園が閉園した」という話を結構聞く。

少子化だったり、経営の難しさもあってのことだろうか。

 

幼稚園児の頃の記憶は、

幼稚園バスの待ち合わせ時間に遅れて、後から父に送ってもらって、父と別れた余韻で寂しくてロッカーに幼稚園カバンを閉まってるときにこみあげて泣いたり。

バスを待っている間に、集合場所で父から「狼の鳴き声」を何度も伝授させられたり、意外と父との思い出がある。

 

園の中での思い出は、

園庭中央にある象さんのすべり台

落ち葉がジュータンのように広がる園内林

林の中にあるポスト

 

ちなみに、

 

そのポストには年長園児が面白がって入れたであろう大量の落ち葉がポストの投函口まで詰まっていて、

とても手紙が届きそうな様子はない。

 

沢山の落ち葉を食べさせられてさぞかしポストも苦しかっただろうw

image

タイトルのモンテッソーリ教育。

立川市のふじようちえんで取り入れている教育法。

しょっちゅう名前が出てきますがクリエイティブディレクターの佐藤可士和さんがデザインコンセプトに関わったことでふじようちえんを知りまして、

 

この7月に、その園長先生の著書が発刊されて、それでモンテッソーリ教育というものを知りました。

 

モンテッソーリ教育の基本概念について

「子どもは、自らを成長・発達させる力をもって生まれてくる。 大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、自由を保障し、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない」と、あります。

 

我が家でも私が1歳の子どもを子守をするときは、

ベビーサークルを外して、自由を保障しますw

普段は取り上げられちゃうテレビやエアコンのリモコンも自由に触らせてあげる。

 

見ていたチャンネルは変えられちゃうし、音声はミュートにされちゃう。

テレビに刺さってるアンテナカードも抜いちゃう。

もうやりたい放題。

 

でも、何で遊べと言わなくても自分で興味の赴くままに好きなものを触って試して、飽きたら次の興味に向かってあれやこれや試してって、チャレンジ精神の塊ですよね。

 

与えられたり、許可されないと何も新しいことを試そうとしない癖がつくと、大人になってから大変。

 

学びの微差は「やったことがあるか、ないか」

 

チャレンジできるときに「経験」しておいたことが、いざというときに「判断」するための想像力を育てるんだと思う。

 

営業 / 佐藤