複数条件指定 一発検索

HOME > スクエアライン ブログ > アイデアに価値はない

タグ別アーカイブ: 挫折

アイデアに価値はない

ワクワク, 新しい取り組み,

充実したとてもよい一年でした。

2018年まで残り13日。

FA8E08DA-F0CC-4302-89A5-A48B898DF3C1

「アイデアに価値はない」

というタイトルで始まりましたが、

4年前、2013年に出会ったこちらの本の中の一節です。

スクエアラインに入社する前はとにかくクリエイティブなことに飢えていて、

アイデア本やデザイン、コミュニーケーションの活性化とか、そういったジャンルの情報をとにかく読み漁っていました。

 

充実した一年と感じたのは、

初めて情報のインプット量よりも

情報のアウトプット量の方が多かったなぁと感じたからかも知れません。

 

アイデアというのはわりと思いつくんです。

いつもと少しだけ違う刺激を自分に与えれば、閃くものなんだと思います。

 

仕事の中で

「もっとあーすれば良いのに、どうしてこの会社はそれをしないんだろう」

「こっちの方がいい方法なのに、なんでここの人たちは気づかないのかな」

 

という呟きを心の中ですることはわりと誰にでもあるんじゃないかと思います。

 

もしくは、

心の中でなく、実際に他人に面と向かって言っている方もいると思います。

 

それは「アイデアがある」ということ。

他人が気づいていない点で、自分が見えていることがあるというのはとても素晴らしいことです。

 

でもそれだけでは「価値はない」のです。

 

大事なのは、

そのアイデアを周りの人が共感して、

一緒に実行に移してくれることです。

27BCBA3D-2352-4F6B-ACEC-A0AF0BE65EB7

このグラスのエピソードはそのヒントの一つです。

私の結婚式のときの引出物です。

私の名前は「Masato」ですので、グラスの「Masayuki」「Ayako」は私と妻の名前ではありません。

 

こういった引出物は新婚夫婦の名が刻印されたものを引出物としてお渡しすることが通常だと思います。

しかし、このグラスはもらった後もずーっと使ってもらえるように、参加者本人の名前が書いてあります。

 

確かに他人の夫婦の名前が書いてあるグラスを日常生活で使いたくないですよね。

 

このグラスとの出会いは

「自分のプレゼントした物が、その人の生活シーンに置かれたときにどう映るか」という視点を教えてくれました。

 

つまり、

「アイデアに価値がない」というのは、

アイデアを受け取った他人が

「これはいい!」

と思うものでなければ、

それ以上発展することなく、アイデアだけで終わってしまうから「価値」にならないのです。

 

このグラスは私自身、

「これはいい!」と思って、

当時すでに決めていた引出物のカタログギフトをキャンセルしてこちらに乗り換えました。

 

「なんでギリギリになって言うの?」と、普段は優しい妻からは怒られましたが、

 

「自分が参加者に届けたいのはこのグラスだ!!」と初めて譲りませんでした(笑)

 

いい話なんですけど、妻と出会って初めての大ケンカはこの「引出物ギリギリで交換事件」でした。

 

妻とケンカするほど譲れなかったグラス、受け取った参加者は現在どう生活の中で扱っているのか気になって問い合わせました。

そうしたら今も、この画像のようにレイアウトして自宅で飾ってくれてたのです。

27BCBA3D-2352-4F6B-ACEC-A0AF0BE65EB7

 

ひょっとしたら画像を送ってくれるときにキレイに飾って撮影してくれたのかも知れませんが(笑)

 

まだ持っている。

これだけでも十分にありがたいことです。

 

相手の名前を刻印するアイデアはもちろん私のアイデアではありません。

 

これを製作・販売している会社グラスアートコグレさんのアイデアです。

 

どんな作品なのかを見たくて川崎市のアトリエを訪ねたら、オーナーのコグレさんが熱量の多い方で(笑)

 

「このグラスはなぜ相手の名前なのか」

 

「どのように結婚式で渡したらいいのか」

 

「どのように式場のスタッフにこれを置いてもらうよう説得すればいいのか」

 

全部プレゼンテーションしてくれました(笑)

 

「ちょっとこれは、ただ物を売ってるのと違うな」と。

 

そのグラスに対する想いや熱量が伝わってきて、共感しました。

 

実際にコグレさんの事前アドバイスの通り、

式場のスタッフさんは名前入りのグラスを置くことに最初否定的でした。

 

「間違えて置くリスク」と

「一つ一つ箱の中身を確認する手間」

が式場側にはあったからです。

 

ただそういったリスクに対しても

①あらかじめ席順通りにグラスを取り出せるように梱包すること

②箱の外側に参加者の名前のラベルをコグレさん側が貼って納品すること

 

など、式場側が「それならOK」と言ってくれるラインまで先読みする用意周到ぶりなのです。

 

「これが仕事か」と、

その段取りのプロフェッショナルぶりにただただ感銘を受けました。

 

おそらく、コグレさんも自分の想いをお客さんに届けるまでに色んな葛藤をしてきたと思います。

 

私がコグレさんと出会ったときはすでにノウハウが確立してすべてスムーズでしたが、

絶対にそこに至るまでに多くの失敗や苦い想いをしてるはずなんです。

 

私もそういう人を感動させるアイデア、仕事に憧れて、

あれやこれやチャレンジしてきたけど、

人に「届いた」と実感出来るものはほとんどありませんでした。

 

それが今年は

「少しは届いたのかな?」と感じられるお仕事が、本当にほんの少しだけですけど、出来た気がします。

 

スクエアラインがそういったチャレンジをさせてくれる会社なんです。

 

もっともっと「届けたい!」という想いで、アイデアをたくさん実現して運ぶ2018年にしていきたいと思います。

0A57A534-3F31-4A91-98BC-5C4E53E99CD2 303A2992-A8CD-46D4-AB3F-467CF4370A76

営業 / 佐藤

配送ドライバー時代 回想

新しい取り組み, 物流, ,

元・配送ドライバーの佐藤です。

 

4月の冒頭は花粉対策メガネにマスクがないと外に出れなかったのですが、

 

今は花粉来てないのでしょうか?

 

ノーメガネ、ノーマスクで外出できています。

 

 

今日は、

私の「配送ドライバー時代 回想」を聞いて頂ければと思います。

 

2社で配送ドライバーのお仕事をさせてもらいました。

 

ドライバーの仕事を始めたきっかけは、

海外へワーキングホリデーを半年後にするために月収30万円ぐらい稼げる仕事を探していました。

渡航するための費用に100万円の貯金が必要だったのです。

 

 

友人から紹介してもらって、コンビニの配送ドライバー3t箱車の仕事を頂きました。

 

私は配送ドライバー未経験どころか、

普段乗用車すら乗らないペーパードライバーでしたから、今思えば恐ろしいことです。

 

でも、

「やってやれないことはない」「慣れれば出来る」と思ってしまったんですね。

 

結果としては、

乗用車にも普段乗らない私が、

大きな3tトラックをいきなり運転するものですから、結果は恥ずかしすぎるほど散々たるものでした。

 

運送会社さんにご迷惑おかけしたうえ、早期退職をしてしまいました。

 

無職になってしまった後は、

新聞折込の求人チラシを見て、

やってみたいと思う仕事を二つピックアップし、応募しました。

 

一つは掃除好きなので、

家庭に訪問してトイレやバス、換気扇などを清掃する仕事。

 

もう一つは、

改めて配送ドライバーを選択しました。

 

なんとなく視界が狭く大きく感じる箱車に苦手意識があったので、幾分か小ぶりに感じるホロ車でお酒の配送を始めました。

 

IMG_4402

ビール樽や瓶ビールケースなど大きなものはドライバーがリスト表を見て、台車に乗せてピッキングしていきます。

まずはそれら大きい荷物から荷台の上に載せていきます。

30件近くの店舗を回るので、先着順の荷物をすぐに取り出せるように、積荷するのがポイントです。

 

私はどのように置けば効率が良いかと、考える作業が好きでした。

IMG_4396

IMG_4394

最後に庫内ピッキングのスタッフが用意して小ロットのお酒を段ボールに梱包し、これも同じように荷積みします。

 

ゴルフ場、ラブホテル、冠婚葬祭で使う料亭、個人経営の居酒屋、居酒屋屋チェーン店。

 

普段プライベートで行かないような店舗にたくさん行きました。

 

結果的には、

渡航日の1週間前までしっかり勤め上げることができました。

100万円貯金の目的を果たすことも出来ました。

 

ほぼペーパードライバーでもなんか勤め上げられたのは、、、

 

道幅が広く、交通量の少ない西多摩地区を任せて頂けたからだと思います。

 

全部前進走行でなんとかなるルートを手配してくださったからです。

 

将人は退職するまで最後の最後まで、

バックの運転は出来ませんでした。

 

余談ですが、

このときの酒倉庫でフォークリフトの存在に気付きました。

 

ドライバーが倉庫内を台車を転がしながら動き回る中、フォークリフトで作業しなければいけない現場だったから、

 

60代だったベテランリフトマンは「いつか事故を起こしてしまうんじゃないかって、胃薬飲みながらやってる」と「フォークリフトの仕事は常に気が抜けないんだ」ということを私に教えてくれました。

 

その方は現場において「安全」を最優先にしている模範的なリフトマンでした。

 

私も普段、車を運転しているときは、荷台にお酒を積んでいるような感覚で運転しています。

 

今でも、遠心力による荷崩れの恐怖が残ってて、遠心力をつけないようにゆっくり交差点を曲がります。

 

営業 / 佐藤

VHSビデオデッキ

解決

IMG_5102

VHSビデオデッキの中でもハードディスクやDVDにも対応しているのでVHS再生機としては比較的新しいものです。

 

高校時代のバンド仲間と最近16年ぶりにスタジオ入りしたこともあって、

 

「VHSが再生出来なくなる前にDVDに焼いて、それぞれで持っておこう」

 

とリーダーシップを発揮したのはいいのですが、

 

IMG_5102

 

ここに入れたVHSビデオが出てこなくなりまして。。。

 

しかも再生出来なくなりまして(汗)

 

デッキを分解しようにもネジ回して外しても分解出来る開かない構造で、、、

 

結局VHSビデオがお店修理依頼しないと取れなくなってしまった。というお話。

IMG_5158

 

現在はこれを回収するために電気屋さんにお金を払って修理を依頼するかどうかを検討中。

 

「思い出はこれから作れ」

という意味だと捉えています。

 

営業 / 佐藤

なのに、ひとりごちてる

新しい取り組み, , ,

DSCN2025

「春の訪れ / 唄・作詞・作曲: 佐藤将人」

〈歌詞〉

春の訪れ  君に問いかけ

流る川の薄紅

 

春の訪れ 君に問いかけ
なのに、一人ごちてる

 

君に会ったら 君に会ったら
あの丘へと誘うだろう

 

もっと hold me tight
キリがないよ あぁもうバカで
あったかくて 素直に泣けて
嬉し泣きも 花びらのようで

 

風にヒラリ
君に愛を 僕に愛を
輝くように
君に愛を 僕のこの心を

 

春の訪れ 夕日に照らされ
朱に染まる薄紅

 

いつになったら いつになったら
僕は 君に届くだろう

 

もっと hold me tight
キリがないよ・・・んなことばかり
もっとこうして そばにおいで
キリがないよ キリがないよね

 

涙 キラリ
君に愛を 僕に愛を
輝くように
君に愛を 僕のこの心を

 

君に愛を 僕に愛を
輝くように
君に愛を 僕のこの心を

 

CIMG5233

ワクワク、ソワソワの春ということで、

「春の訪れ」という私作詞作曲の名曲(笑)を公開してみました。

 

忘れもしない、24歳の厄年の時に作った曲。

北浦和のステーションという音楽スタジオで深夜練習をしていたバンド時代末期。”the newest age”というバンド名でした。

 

直訳すると「いっちばん新しい時代」

バンドテーマ、スローガンは「今を大切に・・・」

今思えば、とてもロックバンドの掲げるスローガンではありませんw

 

それだけその当時、一日一日を無駄にすごしている感じがしてたんです。

その証拠にバンドの一番の推し曲のタイトルは「タラタラ」です(笑)

10302215_10204439814901491_496101691743975798_n 10450628_10204439815581508_5811298255096315767_n

※カラオケの達人に行くと本当にカラオケが入っています。

 

さて、なぜ都内(当時・国分寺市)住まいの私が北浦和のスタジオなのかと言えば、

3ピースメンバーの一人、ベーシストが熊谷市在住だったからです。

 

「中間地点ということで川越か浦和ね」ということで、それまで新宿だったスタジオ拠点が埼玉になったのです。

 

まぁ慣れない土地でした。

通い慣れた中央線沿線から、西武新宿線や京浜東北線に利用路線が変わっただけで、たったそれだけでものすごく不安になりました。

 

いつも同じ環境・習慣で過ごしていたので、ちょっとした変化があるだけで動揺して、変化に順応することに慣れていないのです。

 

今でこそ、埼玉県広域が活動拠点で東京よりもずっとずっと大好きと思える素晴らしいスポットが埼玉にはあるのですが、

 

当時の私の埼玉へのイメージは

「負の土地」でした。

 

音楽活動の中で自分らしさが出せなくなって、

自分より音楽の志しが高い人たちのオーラに気が引けて、

なんか楽しそうに自分の好きなミュージシャンとか、好きな音楽ジャンルについて語り合ってる人たちの空間にまったく入っていけなくて、

唄うのが好きで音楽やってるのに

 

全然楽しくなくなった

 

いわゆる「病んでる」状態になりました。

ものすごい劣等感を感じてしまいました。

 

その上手くいかない原因を私は、

 

「埼玉とは相性がわるい」

「北は方角がわるい」

「埼玉の人とは合わない」

 

本気でそう思っていました。

 

そのうちに病んでしまってる私を励まし続けたドラマーのDちゃんがライブ3日前に電撃脱退し、

渋谷ラママでのライブは急遽知人のドラマーにヘルプで入ってもらい、なんとか4曲をステージで演奏できたものの、

2、3月に予定されていた残り2つのライブスケジュールを消化したところで、とうとう私の心が折れました。

 

「もう人前で唄いたくない。音楽好きじゃない」

 

いわゆる挫折です。

中学生から10年間、昼も夜も時間があれば夢中になって弾き続けたギターを触りたくなくなって、

紡ぐ歌詞、紡ぐ歌詞ネガティヴな言葉しか自分の中から思い浮かばなくなって、

やさぐれちゃったものだから音楽活動が休止したあと唯一続けてた飲食店のバイト先でも近寄りがたい存在になっちゃって、

とうとう後輩たちから干されて、

 

10年近く勤続していたその場所に居れなくなりました。

 

長く勤めているというだけでデカい態度をとっていたのです。

 

厳しい言葉の裏に愛情があればまだいいのですが、

当時は単純に、

自分より仕事が遅い後輩に苛立ち、

指示したことを一回で守れない後輩に苛立ち、

 

立場の弱い人に対しての配慮がまったくありませんでした。

 

まったく心に余裕がないのです。

 

かくして、大学を出ても就職せずに続けた音楽活動も24歳で挫折し、

 

10代から続けていた職場でも25歳で挫折し、

 

何に向かえばいいのか分からない状態の時に思ったことが、

 

「本当は人に対して優しくありたい」

「少なくとも誰かの役に立っていたい」

 

その本音を歌詞にしたのが冒頭の「春の訪れ」でした。

 

実際問題、

この心理状態のときに優しい言葉を書くって、自分自身キレイごとを言ってるように感じるので、違和感があるんです。

 

この違和感は、

「これが自分の本心だけど、周りはそんなのを信じてくれないだろうな。キレイごと言ってるって思われるだけだろうな」

 

と、「他者が感じる自分の評価」にとらわれて、自分の本音を肯定しきれないときに起こるものです。

 

自分の感情なんて唯一無二なんだから、他人の評価と違って当たり前なんです、本当は。

 

分かりやすく言えば、映画シザーハンズ(手がハサミの人)のエドワード・シザーハンズのように、

近寄る者を不本意に傷つけてしまうだけ。

エドワードだって一人でいるときはそのハサミを器用に使って庭の剪定とか、それこそ芸術的に仕上げてしまう才能の持ち主。

それが好きな人と抱擁するときにもハサミは取り外しできないから(ハサミが手なのでね)、ヒロインの顔に傷をつけちゃう。

で、周りの大人たちが「あいつは危険だぞ!」ってネガティヴキャンペーンしちゃうものだからエドワードは居場所をなくしちゃうの。

 

エドワードは元々心優しい人間で、周りが自分のことを「危険なやつだ」って評価して、周りが与える負の感情に耐え切れず爆発して、本当に人を傷つけちゃう。

いわゆる負の連鎖。悲劇です。

 

上手くいかないことが、次の上手くいかないことを生んでいく。

 

やっぱり傷ついたときには

ひっそり喧騒から離れて過ごすって、

治療法として正しいですよね。

川沿いを歩いたり、温泉にゆっくり浸かったり、久伊豆神社にいったり。

 

いわゆる負のオーラを放ってる人たちから

場所から離れることの大切さってこういうことだと思う。

で、心落ち着けて、心整ったところで次のステップを踏めばいい。

 

この歌詞の「君」という登場人物は現実には存在しなく、「心繋がっていたい、誰か」のことを指しています。

 

さぁ、春到来、新シーズンも始まったばかり。

私のしくじり体験が誰かの役に少しでも立てばいいなと願いつつ、

私自身も挑戦する気持ちを常に持ち、

「今を大切に」過ごしていきたいと思います。

2012-04-04 10.45.15

営業 / 佐藤

駐輪場のエピソード

スクエアラインNews, ヒューマンコンシェルジュ, , , , ,

駐輪場エピソード

私は初めて社会人になった2010年からずっと最寄駅の新小平駅まで原付バイクで移動しています。

すごく便利なことに駅の真横に駐輪場があるんです。それこそ、改札を出て20秒というアクセスの良さ。

image

この度、ずっと利用していた最寄駅の駐輪場が閉鎖することになりました。

私はこの駐輪場が好きでした。

社会人1年目のある日
「いつも沢山荷物持ってるね。お仕事頑張ってるんだね」と駐輪場管理のおじさんが声をかけてくれました。

私は両手に”お客さん”に提案するための生命保険の資料を手提げ袋一杯に入れて移動していました。

“お客さん”
と言っても、
私が勝手にお客さんにしてしまっているだけ。

提案どころか、
話を聞いてもらえるかどうかも分からない資料を毎日重い思いをしながら持って営業活動をしていました。

営業活動がうまくいかず、
心虚しく寂しい思いでいるときに、
おじさんがかけてくれたのがその言葉でした。

おじさんは私のことは知らないし、
私がどんな仕事をしているのかも知らない。

けれど、
毎日重そうな荷物を持って駐輪場に現れる私の姿を見て、そう声をかけてくれました。

正直、一杯一杯だったので、心が救われました。
「世の中、見てくれてる人はいるんだなぁ」って。

情けないことに営業として成果を会社に持ち帰ることが出来ず、いかに私がダメかということを延々、怖ーい所長に営業所で浴びせられる日々。

あの当時、心はクタクタでした。

会社でも、家庭でも、お客さんの前でも
褒めてもらえることはなかったから、
あの時の何気ない一声が印象に残っています。

「認めてくれる」
「肯定してくれる」
こんなにも心が晴れやかな気持ちになるんだ。

ある時から定期利用の枠が空いたため、一時利用のときのように150円を支払うときにおじさんが来て声をかけてくれることはなくなってしまったけど、

最近も変わらず駐輪場を利用する人に
あの時私にしてくれたように声をかけてる様子を見かけてました。

私にとってそんな思い出のある場所なので、
今回閉鎖すると知ったときは寂しい思いがしました。

余談ですが、結婚をすると役所で本籍を決めますよね。私は駐輪場の住所にしました。

今のエピソードとは違う駐輪場ですけどw

結婚前によく妻と待ち合わせた思い出の場所、桜がキレイだった。

image

営業 / 佐藤