複数条件指定 一発検索

HOME > スクエアライン ブログ > “自然浴さんぽ路”

ヒューマンコンシェルジュ の記事一覧

“自然浴さんぽ路”

ヒューマンコンシェルジュ, ワクワク, 健康

こんにちは。

営業担当の刈間です。

IMG_1317

良質な、とある公園の足ツボ施設を発見!!

最近マイブームの、「公園で発見する足ツボロード」!

IMG_1334

営業先である板橋区のとある公園。

この公園の”足ツボロード”はこれまで発見した公園の中で一番良かった★☆

IMG_1318

コンクリートの硬さはもちろん、何より足ツボの種類の豊富なこと!!

スーツ姿でぐるぐると2周。

疲れが取れます!!足ツボって本当にすごいですね!!

奥が深い。

 

本日は、ホームページをご覧いただきありがとうございました。

営業/刈間

 

面接室からの風景♫

ヒューマンコンシェルジュ, 活躍, 物流

こんにちは。

営業担当の刈間です。

IMG_1307

本日はお天気も良く気持ちいいですねー^_^

写真は、当社がスタッフさんと面接をする派遣先の面接室からの風景。

窓が広く、心も解放されます♩

 

当社では、派遣先によっては直接現場で面接を行うことも可能です。

仕事現場や休憩室など、雰囲気が見れるので安心^ ^☆

お仕事お探しの方、ご登録お待ちしております☆★

 

営業/刈間

新規お仕事(夜勤)のご紹介☆彡

ヒューマンコンシェルジュ, ワクワク, 休日, 求人, 物流

こんにちわ。

スクエアラインの刈間です。

 

本日は、新規の夜勤のお仕事をご紹介(^^)/

東京都墨田区、曳舟駅から徒歩10分の好立地!!

飲料商品の仕分けのお仕事(^_-)-☆

無資格、未経験でもOK!!ご年齢も問いませんよー

 

IMG_0528

20:00~翌5:00(実働8h)

まずは現場見学だけでも可能(^◇^)

ご遠慮なくお問合せ下さい♬

 

営業/刈間

キタナイをキレイに。キツイをラクに。キケンをアンゼンに。

かけ橋, ヒューマンコンシェルジュ, フォークリフト, 物流,

フォークリフトの広告でこんなにデカデカとしたものを見かけたのでついパシャリ。

IMG_5447

 

インターネット時代になっても、物を運ぶことをインターネットには出来ない。

 

また、商品を保管する倉庫から、服や食材や家電など生活用品は運ばれてくる。

 

タイトルに書いたようなビジョンがあるという。

 

この広告の中に「フォークリフト」という言葉は一つも出てこない。

 

物流倉庫やフォークリフトに関わっている私にとっては広告に書かれている言葉はすべて関係がありました。

 

でも、珍しいなぁって。

 

大宮駅の埼京線・川越線のホームへ向かうエスカレーターの上にこの広告。

 

もちろん、人の動線はたくさんあるから多くの人の目に触れる。

 

このエスカレーターを横切る人のすべてに倉庫は何かしら関係はある。

 

農業に若い人が興味関心を持って進出しているほど、物流倉庫での仕事に若い人が進出してはいないだろう。

 

選ばれにくい理由の大枠がキタナイ、キツイ、キケンということなんだろう。

 

そのイメージを180度変える物流を作りたいんだ。そういうビジョンの発信をしているように感じた。

 

最近出来た新設倉庫はカッコいいところが多い。

 

作業をするための空間というより、デザイン的にもこだわっている。

 

カッコいい食堂、シャレた案内表示のサイン。ワクワクするような空間作りになってる。

 

(しかし、そういう現場ほどセキュリティに厳しいところが多く、あまりお写真撮らせて頂けない現場も多いのです)

IMG_4301

 

JRの駅も移動手段の場所というだけだなく、ビジュアル的なオシャレ変化がかなり進んでいる。

 

倉庫も駅も生活に関わる空間だ。

 

私の出来る貢献は、そんな生まれ変わろうとしている物流や倉庫の空間に、興味関心を持ってもらう工夫をして、職業体験してもらうこと。

 

物流倉庫で働くことがカッコいい感じになるといいなぁ。

 

営業 / 佐藤

『足ツボ・ロード』

ヒューマンコンシェルジュ, ワクワク, 休日, 健康, 癒し系

こんにちは。

営業担当の刈間です。

 

皆さんは、どのように疲れを癒してますか?

写真は近所の公園にある「足ツボ・ロード」です。

IMG_1266 IMG_1277

足ツボのマッサージが大好きな私ですが、

これが本当に気持ちいいんです🎵

 

最近こういった「足ツボ・ロード」がある公園を良く見かけます^_^

市販されている足ツボグッズと違ってコンクリートなので、

“強いマッサージ”が好みの私には絶妙です(^.^)

IMG_1265

また、なんとも楽しいのがココに入ると「痛いですねー」と知らない人達と自然と言葉を交わす。

出来たら家にこのコンクリートをひきたい。

 

皆さんも、公園に行った際こんな道があったら是非歩いてみることをオススメします^o^

逆にオススメの「足ツボ・ロード」がある公園があったら教えて下さい!!

 

営業/刈間


 

「フォークリフト」未経験の方必見!!

ヒューマンコンシェルジュ, フォークリフト, 新規お仕事情報, 求人, 物流

こんにちは。

スクエアライン営業担当の刈間です。

 

「フォークリフトの資格をせっかくとったのに、

未経験だから不安。。。」という方!

 

未経験の方でも働ける、フォークリフトのお仕事がありますよ♩


IMG_0528

墨田区の「曳舟駅」から徒歩10分。

人柄採用で、とても働きやすい環境です^ ^

 

当社ホームページでは、

「フォークリフト未経験・求人特集」という特集を始めました!

他にも未経験の方でも働けるお仕事がありますので

是非一度拝見してみて下さい^_^

 

今日はホームページをご覧いただきありがとうございました。

営業/刈間

『小さなパン屋さん』

かけ橋, ヒューマンコンシェルジュ, ワクワク, 癒し系

こんにちは。

スクエアライン営業担当の刈間です。

 

今日から勤務開始のスタッフさんと待ち合わせ!

その前に出会った素敵なパン屋さん。

IMG_1184

こんな感じで美味しそうなラインナップがたくさん!!

場所は新高島平駅近く。

 

「目玉フレンチ」と「チョコチップドーナツ」を購入♩

IMG_1187

一個150円でリーズナブル☆★

 

パン屋さんのパンが好きな私には、

とても素敵な出会い!ラッキーな一日でした^ ^

IMG_1186

こんな素敵なパン屋さんが職場近くにあるスタッフさん、

羨ましいぞー!!

今度お昼時に1つ、買っていってあげよーかな^_^

 

営業/刈間

コーチングと出会って5年

ヒューマンコンシェルジュ,

明けましておめでとうございます。

スクエアライン営業の佐藤です。

 

2017年に何がしたいだろうか。

暮れから年明けにかけて、例年は考えているのですが、

 

お家に小さい子がいるとなかなか物思いにふけって考える時間もなくって、

 

ようやく今頃になり、頭の中を整理してみようと思えたこの連休です。

 

パッと2017年のキーワードが出てこなくて、

長時間労働是正とか、

働き方改革とか、

時間あたり生産性とか、

 

昨年から叫ばれてる仕事の取り組み方に関するキーワードは出て来るのですが、

 

これ自体は自分の言葉ではありません。

ただこのキーワード自体は私も共感しますし、2016年は自分自身がそのキーワードに沿った働き方をしてみました。

残業もほとんどしなかったし、20時以降に会社にいたことは1回あったかどうかという働き方が出来ました。

 

こうして堂々と書いてしまうと、残業をせざるを得ないお仕事をしている方からブーイングの声が聞こえてきそうですが、

 

現在のところ、まず手をつけるべきなのは

 

「本当は残業しなくてもいいのに、なんとなく残業してなくちゃ居心地わるい雰囲気だから残業してしまってる会社風土の是正」だと思います。

 

その次に

「いや、うちは仕事の仕組み上、どうしても残業が発生してしまうんだ。これは取引先とか色んな絡みでそうなってしまってるからどうしようもないことなんだよ」という仕事の仕組みの改善。

 

これは確かに大変。

それでも「こうじゃなきゃダメだ」って、思い込んでいるだけで、少し工夫すれば解決することもあると思います。

 

img_4625

 

これらの問題を解決するための方法は色々あるけれど、いつも自分自身がしている習慣を、癖をどのように変化させるか。

どこにメスを入れれば運気の流れが変わるのか。

 

img_4618

 

自分が普段行かない思考に辿り着く工夫をひとつ発見した。

 

例えば図書館の「新着本コーナー」

このコーナーには概ね1年以内に出版された新作本が並んでいる。

その本のタイトルを眺めたり、どんなジャンルが置かれているのかを見る。

 

この日は医療や政治、趣味についての最近のトレンドと思われるタイトルが並んでいた。

 

私自身、本屋で新刊を見つけたらすぐにでも読みたい本であれば購入するが、そのうち読めればいいというものは図書館で予約をする。

 

かなり新しい本でも図書館に置いてあることも珍しくない。

 

ただし人気のある本はたいてい予約でいっぱいになり、すぐに自分の予約順が回ってくることはない。

 

新着本コーナーにある本は新しい。

新しいのに貸し出されず残っているのは、難しすぎりたり、面白くないか、マニアックでニッチなテーマの本で興味を持つ人が少ないからだと仮定する。

ここに私の影響を受けたコーチング図解の本があった。

img_4626

正直この本は面白く、私は上記の本を2012年に初版で購入し、コーチングとの劇的な出会いを遂げた。

その後コーチングを深掘りして学ぶための学校に通うことも検討し、スクールで模擬授業も受けたが、自分でこの本を読んで学ぶ方が自分にはしっくりきたので学校には通わなかった。

 

よく「コーチングを習得してる」と言ってもらえるが、ほぼこの図解本からの知識とイメージを元に、実際の対人コミュニケーションを通して技術をブラッシュアップしてきた。

 

資格を持っているわけでも、学校で勉強したわけでもない。

 

コーチングと出会う前と後とでコミュニケーションの仕方、それにより入ってくる情報知識、人間関係は大きく変わった。

 

そんな素晴らしい本が「新着本コーナー」に置いてある。

 

なぜ?そんなに人気ない??

 

劇的にコミュニケーションの悩みが解消した本なのに、貸し出されず新着本コーナーに置いてある。

 

コーチングの手法を取り入れたコミュニケーションは家庭でも仕事でもすぐに効く特効薬です。

 

ここでいう「コーチ」とは、訓練指導というスポーツで使われる意味合いではなく、馬車の意味。

 

ブランドのcoachも馬車柄ですよね。

 

馬車が人や物を目的地へ運ぶことから次第に「 コーチ」という言葉自体が、「大事な人や物を運ぶ」「 目的地に運ぶ」といった意味をもつようになったそうです。素敵ですね。

 

まだコーチングは少数派のスキル。

 

スキルとしてでなく、自然と身につけて無意識に使うようになると、自分の行きたい目的地に連れてってくれるようになる。

 

そう感じるコーチングとの出会いから5年経った今です。本年もよろしくお願いします。

 

営業 / 佐藤

初めて救急車に乗った

ヒューマンコンシェルジュ, 健康

初めて救急車に乗りました

 

患者ではなく、付き添いとして乗ったのですが

救急車を呼んだのは私。

 

image

 

明らかに意識を失って倒れていれば間違いなく119番でしょうが、

今回のケースは自分が車に乗せて連れていくべきか、救急車を呼ぶべきか判断に迷うケース。

 

熱中症が不安になる時期にもらうハガキを後から渡されたのですが、「#7119(東京)」へ電話すると迷ったときに救急相談に乗ってくれるようです。

 

今回は患者さんが「救急車を呼んで・・・」と言ったので判断できましたが、

いざそういう事態になると「呼ぶほどではないのではないか」「少し落ち着くまで様子を見ようか」という考えも頭をよぎります。

 

救急車が到着すると、近所の色んなお宅の玄関や窓が開きます。

 

機転が利かなかったのですが、

救急車が現場を特定できるように「ここでーす!」とアピールすることが大切だと知りました。

 

近所まで来て現場が分からず、救急隊の方からお電話をもらいました。

 

そしてさらに機転が利かなかったのですが、

同伴で救急車に乗るまでに保険証を用意していかなければいけなかった。

一度締めたバックドアをもう一度開けてもらい保険証を取りに行った。

 

また、家から搬送される場合は当然患者に靴など履かせないので、

簡易的な履物も持っていくべきでした。

 

この時点では病院で検査してすぐ帰れるモノと思っていなかったので、

落ち着いたら必要なものを取ってまた病院に戻ろうという意識でした。

 

結局、診察後に帰れることになったのですが、

靴がないので100円のペタペタなスリッパを売店で購入。

 

救急車で病院まで来たため車がなく、タクシーを呼ぶことに。

外はいつの間にか雷雨でゴロゴロ音が鳴っている。

 

「受話器をあげればタクシーが呼べます(ダイヤルは必要ありません)」

を受付で利用するものの、「ツー、ツー」という音。

 

「あれ?受話器あげれば呼べるんじゃないの?」とここでも少しテンパる。

誰か病院の人に聞こうにも会計で忙しそうで声をかけづらい。。。

 

結局ネットで適当なタクシー会社を検索し、スマホから電話。

雨で利用者が瞬間的に増えたからか、「20分かかります」とのことでタクシーはすぐ来ませんでした。

 

ロビーでタクシーを待つも、羽織ものを持ってきていなかったので薄着で寒い。

よく見たらブランケットが「ご自由にどうぞ」と置いてあったのだけれど気づかなかった。

病院は土曜日のお昼までだったので、看護師さんたちも足早に帰ってしまっていなかったのです。

 

「救急車で運ばれる」=「入院」

 

と考えていたので、なまじ検査だけで帰宅することになると色んなことが準備不足で後手後手でした。

 

雨の降る中ペタペタのスリッパで外を歩き帰ったのです。

 

この経験が次の緊急時に活かせればと思います。

 

営業 / 佐藤

モンテッソーリ教育

ヒューマンコンシェルジュ, 解決,

image

物心がついたときにはここで遊んでいた。

小さい頃に通っていた幼稚園のあった場所、に、偶然通りかかった。

幼稚園は閉園して、今は市の福祉施設になっている。

同級生の中でも「自分の通っていた幼稚園が閉園した」という話を結構聞く。

少子化だったり、経営の難しさもあってのことだろうか。

 

幼稚園児の頃の記憶は、

幼稚園バスの待ち合わせ時間に遅れて、後から父に送ってもらって、父と別れた余韻で寂しくてロッカーに幼稚園カバンを閉まってるときにこみあげて泣いたり。

バスを待っている間に、集合場所で父から「狼の鳴き声」を何度も伝授させられたり、意外と父との思い出がある。

 

園の中での思い出は、

園庭中央にある象さんのすべり台

落ち葉がジュータンのように広がる園内林

林の中にあるポスト

 

ちなみに、

 

そのポストには年長園児が面白がって入れたであろう大量の落ち葉がポストの投函口まで詰まっていて、

とても手紙が届きそうな様子はない。

 

沢山の落ち葉を食べさせられてさぞかしポストも苦しかっただろうw

image

タイトルのモンテッソーリ教育。

立川市のふじようちえんで取り入れている教育法。

しょっちゅう名前が出てきますがクリエイティブディレクターの佐藤可士和さんがデザインコンセプトに関わったことでふじようちえんを知りまして、

 

この7月に、その園長先生の著書が発刊されて、それでモンテッソーリ教育というものを知りました。

 

モンテッソーリ教育の基本概念について

「子どもは、自らを成長・発達させる力をもって生まれてくる。 大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、自由を保障し、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない」と、あります。

 

我が家でも私が1歳の子どもを子守をするときは、

ベビーサークルを外して、自由を保障しますw

普段は取り上げられちゃうテレビやエアコンのリモコンも自由に触らせてあげる。

 

見ていたチャンネルは変えられちゃうし、音声はミュートにされちゃう。

テレビに刺さってるアンテナカードも抜いちゃう。

もうやりたい放題。

 

でも、何で遊べと言わなくても自分で興味の赴くままに好きなものを触って試して、飽きたら次の興味に向かってあれやこれや試してって、チャレンジ精神の塊ですよね。

 

与えられたり、許可されないと何も新しいことを試そうとしない癖がつくと、大人になってから大変。

 

学びの微差は「やったことがあるか、ないか」

 

チャレンジできるときに「経験」しておいたことが、いざというときに「判断」するための想像力を育てるんだと思う。

 

営業 / 佐藤