複数条件指定 一発検索

HOME > スクエアライン ブログ > ”東京大空襲・戦災資料センター”

小説 の記事一覧

”東京大空襲・戦災資料センター”

ヒューマンコンシェルジュ, 休日, 小説, 活躍, 解決

”太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)3月10日未明、

約300機のB29による下町地区を中心とする無差別爆撃は、

人口過密地帯を火災地獄にしました。

罹災者は100万人をこえ、推定10万人もの貴い命が失われました。

3月10日を含め、東京は100回以上もの火の雨にさらされ、市街地の6割を焼失したのです。”

空襲・外

 

先日、東京都江東区にある「東京大空襲・戦災資料センター」に行ってきました。

民間の「東京空襲を記録する会」が募金を呼び掛けて完成させた貴重な資料館。

空襲・メット

戦闘機から投下された焼夷弾や防空カブトの実物、

子供が使用していた防災頭巾などが展示されています。

空襲・ピアノ

(投下された爆撃をかすめて、まだ音のなるピアノ)

 

最近読んだ乃南アサさんの小説”水曜日の凱歌”の舞台が東京大空襲でした。

国が作ったRAA(特殊慰安施設協会)。

進駐軍兵士からの性の防波堤として女性を差し出すという選択をした国家。

戦争は終わったはずなのに、女性達の戦いは終わっていなかった。

 

はずかしながら、私は東京大空襲のことを何も知りませんでした。

何かを通して受け継がれていく情報というのは非常に重要だなと感じました。

 

営業/刈間

 

街のブックカフェ

ワクワク, 小説, 癒し系, 音楽

こんにちは。

営業担当の刈間です。

大田区の営業先の最寄駅で入ったブックカフェ。

502A2205-5D3B-4230-A06D-D44EE7D6D026

“ブックカフェ羽月(ウヅキ)”

「羽月」って、名前が素敵ですね。

 

次のアポイントまで少し時間を潰すために入ってみましたが、

ベストセラー本から、見たことのないような本までずらり。

木目調でステキな空間。

この日はちょうど、夕方からカフェ内でライブを行う、とのチラシがあった。

ライブ、とても気になったがその時間にはここにはいない!

 

今度来たときは、ライブを聴けたらいいな。

またお邪魔します。

 

営業/刈間

“ナイツ(ト)・オブ・ザ・リビング・デッド”

ゾンビ, 小説

こんにちは。

営業担当の刈間です。

 

実は私、根っからのゾンビ映画好き。

今年7月に、ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロが77歳で亡くなった。

 

追悼作品として、19人のベストセラー作家によるゾンビ映画の原点となるようなオリジナル・ストーリーを収録した小説が発売された!

04711AF2-1358-4689-AE5D-5B3854DCF703

ゾンビ小説は、ゾンビの歩き方などを自分のイメージで想像するので非常に面白い^_^

 

ジョージ・A・ロメロの代表作「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」は1968年の作品ですが、この映画がなければ「ウォーキング・デッド」「バイオハザード」などは存在しなかったかもしれません。

 

おそらく、どのレンタル屋さんにもこの作品は置かれていると思います。

是非、レンタル屋さんに行ったらホラー・コーナーを覗いて「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」を探してみて下さい。

 

その他、まだまだオススメのゾンビ映画がありますので

気になる方はお問合せ下さい(笑)

 

営業/刈間

物流小説 ”ドッグファイト”

小説, 物流

こんにちは。

スクエアライン営業担当の刈間です。

 

オススメの『物流小説』をご紹介(^^)/

ドッグ

”ラストワンマイル”や再生巨流”などのとても面白い物流小説を書いている

楡 周平さんの新作「ドッグファイト」を入手☆★

 

近年、外資系ネット通販が大きくビジネスを伸ばしていますが、

外資系ネット起業(フィクションです)に食い物にされる運送会社の男たちが、

知恵を絞って一矢報いる熱きドラマを描いた本作。

 

とっても面白いのでオススメです!!

未来の物流業界の新しい事業や方向性も想像でき、とてもリアルな体験が出来ると思います。

物流関係のお仕事をされている方には、特にオススメです。

 

本日はホームページをご覧いただき

ありがとうございました。

 

営業/刈間