複数条件指定 一発検索

HOME > スクエアライン ブログ > 最寄駅から車で14分の現場を歩いてみた。

タグ別アーカイブ: 佐藤可士和

最寄駅から車で14分の現場を歩いてみた。

新規お仕事情報, 物流, 音楽,

IMG_6423

とある日、

電車が遅延した日がありまして、

派遣先の現場へ訪問するために

車で14分の距離を最寄駅から徒歩で1時間5分かけて歩きました。

IMG_6422

午前9時、暑すぎて視界はこんな風にボヤけてました。

IMG_6425

それでも通りがかりの狭山茶畑(入間市だけど)に癒されながら歩きました。

 

フォークリフトのある倉庫や物流センターは通常、駅から離れたところにあります。

 

物流拠点は駅近ではなく、高速道路のインターチェンジの近くにあることが多いのはご存知の通りです。

 

日本でインターチェンジと駅のが一番近いのはどこかご存知ですか?

 

新潟県の燕三条駅です。

徒歩で13分。

日本一近くても、歩いて13分です。

 

IMG_6591

 

もちろん、すべての物流現場が駅から遠いわけではありません。

 

過去に私が担当させて頂いた都内の物流センターは最寄駅から徒歩11分でした。

 

埼玉県で日高市に徒歩で13分の距離にフォークリフトの現場があります。

 

いずれにせよ、

車やバイクなどの通勤手段がない方にとっては、

 

送迎バスがある現場か、

駅から徒歩圏内の現場に絞られます。

 

駅チカ特集をご参照ください。

 

IMG_6430

真夏日に1時間5分歩いたあとは私もこの猫のような感じでした。

 

長くお仕事を続けるには苦にならない通勤距離はとても大事なことです。

 

さて、

オマケですが、

私の大好きな佐藤可士和さんの特集冊子がひさひざに登場しました。

IMG_6588

いつも参考にさせて頂いてます。

私は中学の頃の通知表、美術の成績は5段階の2ですけど、佐藤可士和さんのお仕事を通じてデザインに興味を持ちました。

 

相変わらずは絵は描けませんが。

 

IMG_6206

もう一つ追記です。

今年の11/25に四谷でライブをします。

2000年代に自主制作したCDの楽曲を久々演奏するのです。

 

ちなみにライブ会場は最寄駅から徒歩1分ですので安心ですよ。

 

営業 / 佐藤

気になるあの商品、あのサービスを試してみた

休日, 健康, 新しい取り組み, ,

IMG_6182

つい翌日が休みだからと夜更かしてしまって、翌昼の打ち合わせのときに眠かったので眠眠打破を試してみました。

飲んだ瞬間眠気が解消され、即効性がありました。2時間ぐらいは効いた気がします。(個人の感想です)

 

IMG_6101

お次は、日野市のイオンにて。

 

IMG_6105

フェラーリに乗りながら散髪が出来るキッズ向けの床屋さん。DVDはおさるのジャージをチョイス。

IMG_6111

トミカで遊んでる好きに髪をチョッキンしてもらいます。親としては写真撮影と散髪を両方出来るありがたさがあります。

 

お次は冷却シート。

IMG_6258

気温が上昇した一週間前、発熱したので使ってみました。

放熱される感じがありましたが、私はかぶれやすいみたいで痒みがでてしまいました(あくまで個人の感想です)

 

IMG_6259

アクエリアスの経口補水液。

コンビニでも買えるようになってありがいですね。夏の塩分補給はソルティライチに頼っていましたのでバリエーションが増えて嬉しい。

 

お次はティッシュボックス。

IMG_6374

発熱のあとは鼻水が止まらなくなり、たまらずティッシュを購入。

IMG_6372

ずっと試してみたかった佐藤可士和デザインのラグジュアリーソフトティッシュです。

セブンイレブンで159円で売られています。

IMG_6373

何がいいってこの「佇まい」

空間を邪魔しないシンプルなデザインです。

IMG_6375

これ単体で、余計な広告デザインが施されていないので、ティッシュのカバーボックスが要らずスマートな見栄えです。

 

私、営業車用、デスク用、家の車用と3箱も1週間で購入してしまいました(佐藤可士和好きな個人の衝動です)

 

色々なサービス、商品を試せた6月でした。

アイデアを蓄積するための顧客体験です。

 

営業 / 佐藤

メルマガの整理とポイントの活用

解決, ,

メルマガを見せられてる時間をなくしたい

 

未読メールをなくしたいタイプなので、

ついつい不要なメールも「差出人」や「タイトル」までは確認してしまってます。

 

それを見てメールをゴミ箱に捨てるか、残すかの「判断」をしているわけですが、

 

最近本などで見聞きするところによると、

この「判断」という行為に、人は無意識にエネルギーを使ってるそうです。

 

ということは、

「余計なエネルギーを使わないためには、そもそも判断しなければいけないシチュエーションを減らせばいい」

 

一番簡単なところから、

 

「自分にとって、不要なメールを配信停止しよう」

 

この配信停止の手続きには、リンク先のメルマガ解除ボタンを押すだけで済むタイプもあれば、

クレジットカード会社や大手ネットショッピング系のものはIDとパスワードでログインした後、やっとメルマガ配信停止が出来るようになるタイプのものもある。

IDとパスワードを忘れてしまった場合は厄介で、パスワードの再設定などに手間がかかる。

そうやって久々にログインしてアカウント情報をみてみると、

「おや、意外とポイントが溜まっている!?」ということに気づきました。

なかなか旅行に行けず使い道をどうしようかと迷っていたマイル。永久不滅ポイント。。。。etc…

これらを自分が普段使っているAmazonポイントやTポイントにすべて変換すると、、、意外と「おや、こんなに?」という金額になりました。

IMG_5023

不要なものを整理しようとしていると、お得で活用できるものに出会い、これはまさに棚からぼたもちでした。

かくして、メルマガもかなり整理され、あとは撲滅の難しい迷惑メール対策です。

「.com」とか「.jp」のドメインで届く迷惑メールは拒否設定してしまうとGメールもキャリアメールも届かなくなってしまうので、これには困っています。

指定受信にするのも、なかなか必要なメールが届かなくなるおそれがありますし。。。

こうして自分にとって不要な情報を整理していく中で、メルマガであっても残しておくものもありました。

自分が強烈に興味のある情報です。

それこそ、新着情報はすぐにでも知りたい分野のもの。

私は意外と、今治タオルのメルマガなんか残しちゃったりしていて、毎週売れ筋ランキングが来るんですけど、だいたい毎週同じで、でもたまに新しい情報があったら知っていたいと思うと週1回しか来ないし、残しておこうという結論に至りました。

色々と整理できて、今とてもすっきりしています。

営業 / 佐藤

受け手がその使い方を自由に決める時代

かけ橋,

コクヨデザインアウォード2016の表彰式を見に行ってしました。

image

私がこの表彰式を見に行くのは

アートディレクターの佐藤可士和さんが審査員として参加しているから

 

昨年参加した時には、

グランプリが決まるこの表彰式に審査委員長の佐藤可士和さんがまさかの欠席という大ショックがあり、

 

客席で1人放心状態で表彰式や審査員たちのトークショーを見届けるということがありました。

 

今年は・・・

image

 

来てた〜!!(一番左の方)

 

image

ちなみにグランプリになった文房具はこの長い棒「素材としての文房具」

めちゃめちゃ長いえんぴつに、めちゃめちゃ長いステンレス定規に、めちゃめちゃ長い消しゴム

 

この長いのを好きな長さに切ったり、好きな形に削ったり、建築の模型の素材に使ったり。

離れた所から長いままの鉛筆を使って不安定に線が描かれることをあえて楽しんだり。

「自分の好きな形、用途にカスタマイズして、使い手が使い方を決める」

そんなコンセプトの作品です。

そもそもこのコンペのテーマが「How to live」

 

どのように生きるか?

 

という難しいテーマだったそうです。

 

グランプリに届かなかった作品は

image

マンガのコマ割りが振ってあるガムテープ

「マンガムテープ」

アマゾンなどの通販で宅配で梱包された箱を受け取る機会が増えてる時代。

ガムテープのマンガにメッセージを込めてプレゼントが出来たりというもの。

 

image

「どうぐのきねんび」

昔の写真には右下に日付が思い出の瞬間と共に刻印されていました。

幼い頃の自分の写真の中に、例えば明確に「1989.11.23」などとと日付が書いてあったらどうでしょう?

グッとノスタルジックな気持ちと共に時の流れを感じるのではないでしょうか?

それと同じように持ち物にも、そのアイテムを手に入れたときの記念日を刻印するというコンセプトのスタンプです。

 

image

こちらは数字が1〜10まで振ってあるハンガー。

 

どの作品も「それ便利なの?」「いや〜、自分なら欲しくなるかな〜?」「いや、要らないかもな」など色々思いましたが、新しい発想というのは万人に受けるかどうかを考えないでまず自分で「これは面白いんじゃないか!?」というとのまず表現してみる。

世の中に投げ見てみる。

ということなんだと思いました。

 

一年越しにこのイベントに参加して、念願の生・佐藤可士和さんの雰囲気を感じれて、休憩時間には審査員席まで行って佐藤可士和さんに少しだけご挨拶して

 

なんせ会社で使ってる国立新美術館のマグカップも、今治タオルも、Tカードも、ユニクロも、セブンイレブンのコーヒーも佐藤可士和さんのデザインしたものを選んで使ってるぐらい憧れのビジネスパーソン。

 

名刺交換しに行って、名刺を佐藤可士和さんが持っていないところも「本物だ!本当にムダなものを持たずスマートだ!」と名刺交換出来なかったことがまた心に残って感動してる自分がいます。

(そりゃ、名刺 記念に欲しかったけど・・・)

物として残るんじゃなくて、サイン色紙でも記念写真でもない、もっと深く刻み込まれるインパクトを数秒で伝えるのが佐藤可士和さんらしい。

 

営業 / 佐藤

モンテッソーリ教育

ヒューマンコンシェルジュ, 解決,

image

物心がついたときにはここで遊んでいた。

小さい頃に通っていた幼稚園のあった場所、に、偶然通りかかった。

幼稚園は閉園して、今は市の福祉施設になっている。

同級生の中でも「自分の通っていた幼稚園が閉園した」という話を結構聞く。

少子化だったり、経営の難しさもあってのことだろうか。

 

幼稚園児の頃の記憶は、

幼稚園バスの待ち合わせ時間に遅れて、後から父に送ってもらって、父と別れた余韻で寂しくてロッカーに幼稚園カバンを閉まってるときにこみあげて泣いたり。

バスを待っている間に、集合場所で父から「狼の鳴き声」を何度も伝授させられたり、意外と父との思い出がある。

 

園の中での思い出は、

園庭中央にある象さんのすべり台

落ち葉がジュータンのように広がる園内林

林の中にあるポスト

 

ちなみに、

 

そのポストには年長園児が面白がって入れたであろう大量の落ち葉がポストの投函口まで詰まっていて、

とても手紙が届きそうな様子はない。

 

沢山の落ち葉を食べさせられてさぞかしポストも苦しかっただろうw

image

タイトルのモンテッソーリ教育。

立川市のふじようちえんで取り入れている教育法。

しょっちゅう名前が出てきますがクリエイティブディレクターの佐藤可士和さんがデザインコンセプトに関わったことでふじようちえんを知りまして、

 

この7月に、その園長先生の著書が発刊されて、それでモンテッソーリ教育というものを知りました。

 

モンテッソーリ教育の基本概念について

「子どもは、自らを成長・発達させる力をもって生まれてくる。 大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、自由を保障し、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない」と、あります。

 

我が家でも私が1歳の子どもを子守をするときは、

ベビーサークルを外して、自由を保障しますw

普段は取り上げられちゃうテレビやエアコンのリモコンも自由に触らせてあげる。

 

見ていたチャンネルは変えられちゃうし、音声はミュートにされちゃう。

テレビに刺さってるアンテナカードも抜いちゃう。

もうやりたい放題。

 

でも、何で遊べと言わなくても自分で興味の赴くままに好きなものを触って試して、飽きたら次の興味に向かってあれやこれや試してって、チャレンジ精神の塊ですよね。

 

与えられたり、許可されないと何も新しいことを試そうとしない癖がつくと、大人になってから大変。

 

学びの微差は「やったことがあるか、ないか」

 

チャレンジできるときに「経験」しておいたことが、いざというときに「判断」するための想像力を育てるんだと思う。

 

営業 / 佐藤

フォークリフトの求人なら「スクエアライン」

かけ橋, スクエアラインNews, フォークリフト, 新しい取り組み, 新規お仕事情報, 求人, 解決, , ,

image

フォークリフトの求人なら・・・

 

検索「スクエアライン」

 

の、QRコード付きツールを作ってみました。

 

image

まずは目につくところにQRポスターを置かせてもらうシチュエーションの撮影

 

image

スマホを取り出して・・・

 

image

QRコードリーダーをかざして・・・

 

image

読み込ませてみると・・・

 

image

スクエアラインのホームページだ!

フォークリフトの求人がたくさんありそうだ。

 

image

おっ、画像がスライドしたぞ、ワクワクするなー

 

と、

ユーザー目線を試してみたところで・・・

image

別のシチュエーション

テーブルの上に置いてあるシチュエーションを想像・・・

image

ちょっとパンフレットでも置いてみる

 

image

使用シチュエーションを想像中・・・

 

image

想像中・・・

 

image

うーん・・・どんな場所にこの広告がおいてあると効果的か

 

image

例えばコーヒーを飲んでくつろいでるシーン・・・

 

image

トイレの個室でくつろいでるシーン・・・

 

image

休憩室、待合室、面接室・・・

 

image

とにかく、リラックスしていて

それでいて少し手持ち無沙汰になるような時間。

そんなときにこのツールに気づいて、

携帯を取り出して検索してみるだろうか・・・

 

それでいて、

image

「フォークリフト求人」というキーワードに反応する人・・・

 

image

それって、意外と今現職で働いてるフォークマンの方なんじゃないかと思っています。

 

長期で働きたくても、

波動の問題で閑散期になり、

定時割れして稼ぎが悪くなったり、

期間満了が決まっているのにも関わらず、

次の就業先の目処が立っていなかったり。

 

そんな職の不安の解決に

もし、スクエアラインを知らないフォークリフトオペレーターの方が周りにいたら、

ぜひ「スクエアライン」を教えてあげてください。

当社の求人の多くはフォークリフトのお仕事です。

image

※スクエアラインオリジナルTシャツ販売おおむね好評です。20枚出ました!

 

営業  / 佐藤

 

人が驚くのを見て、それはすごいことなんだと思った

休日, 新しい取り組み, , , , ,

遠い記憶。

4つ年下の弟がベビーベッドから立った時。

image

急につかまり立ちした赤ちゃんを見て、
母がビックリして「えっ?うそっ?」と大きな声をあげたのだ。

母が驚いてるその様子を見て、当時4歳半ぐらいだったであろう私は

「立つって、、、驚くことなんだ??」と幼ながらに衝撃を受けた記憶がある。

私は人が驚いてるのを見て初めて「驚く」とは何かを認識したんだと思う。

おそらく、母が驚かなかったら、
「赤ちゃんが立つ=驚くべきこと」とは認識していないだろう。

つまり、私は人が驚いてるのを見て
「あぁ、こういうことが驚くべきことなんだ」と相対的に認識したんだろう。

最初っから自分の感情で驚くんじゃない、人が驚いたのを見てマネして驚くようになるんだ。

社会人になってから、
実はこのようなことは大人であっても同じなんじゃないかと思うことがよくある。

自分にとって影響力がある人、尊敬する人が驚いたのを見て、「それはすごいことなんだ?」と自覚するようになる。

今は母が何かに驚いたとしても、
私が同じように驚くことはない。

それは幼い頃に比べて、親の影響力が弱まったからだろう。

image

ある時は兄の影響でギター、
ある時は(スクエアラインで同僚の営業)刈間さんが20歳頃に渡豪したことの影響で私もオーストラリアワーホリへ。

26歳での初海外がいきなり1年の長期生活だった。

身近な人がシドニーでした衝撃の体験記を聞いて憧れて、自分も感じてみたかった。

驚きを与えてくれる人、

影響を与えてくれる人は自然と周りにいた。

親から家族、友人、

家庭から学校、社会に場所を移して。

けれど、

霧が晴れて視界がパーッと開けたような大発見も

自分で十分に味わったあと

だんだんその衝動がやせ細っていく。

「確かにあの時、心を揺るがすような衝動に出会えたのに、、、なぜ??」

ドトールでバイトしてるときに初めてこの感覚を自覚した。

8年間、ほぼ毎日シフトに入って、業務を卒なくこなすだけで、新しい刺激を感じられず。

新しく入ってくる新人の方が仕事が出来ないのに楽しそうだし、人生充実してるように見えた。

感受性が枯れてるのを自覚する中、やっと衝動に出会えてもたった2週間で冷めていく感覚。

この冷めていく感情の答え、

「そもそも人は飽きやすい」ということ。

小さい頃のように好きなアニメの映像を何度見ても飽きずに、全てのセリフを覚えるほど見続けるような夢中さがあったらどれだけ最高だろう?

目指すべきはあの頃のような感覚なんじゃないか?

大人になると経験則が邪魔をして慣れが生じてしまう!?

「常に自分とって新しい挑戦をしてくことでしか夢中になれる衝動はキープできない」

自然と人と出会う機会が減っていく大人になってからは、

自分で見つけるしか新しい価値観に出会えない。

とにかく本を読んだり、音楽や英語の趣味を派生させたり、自分から新しい人と出会う機会を増やした。

アートディレクター佐藤可士和さんとの出会いはTVのカンブリア宮殿だった。広告やデザイン、ヒット作を生み出す仕事のこだわりに興味を持ち始めた。

image

(佐藤可士和さんに会うために参加したKOKUYOデザインアウォード授賞式はまさかの佐藤可士和さん、当日欠席)

たくさんの刺激の中でも、自分の好みやセンスに応じて影響をうけたいものがハッキリしてきた。

人から与えられた影響だけでなく、自分の欲してるものを自ら掴みに行く感覚が分かってきた。

心の奥で「かっこいいなぁ」「自分もやりたいなぁ」というセンサーが働くようになる。

そういう憧れや目標が湧き上がるとワクワクして毎日が楽しくなる。

近年、そのワクワクセンサーを自覚的に、能動的に捕まえられるようになった。

「自分の好き」に囲まれることです。
持ち物も、付き合う人も、時間の使い方も、自分の好みを知ったうえでちゃんと選ぶ。

image

ちゃんと自分の好きなものに影響を受けるようにする。

自分の気持ち、時代、周りの環境、トレンドが変化するに伴って、

どんどん、どんどん好きなものが増えていく。

いつだってその瞬間瞬間好きなものに囲まれていたい。

それがいいのだと思う。

image

(妻に柵代わりにされた私のお気に入り・カインズの座椅子に囲まれた息子)

営業 / 佐藤

2年前の今頃はハローワークに通っていました

スクエアラインNews, ヒューマンコンシェルジュ, ワクワク, 休日, 新しい取り組み, 解決, , , ,

2年前の今頃はハローワークに通っていました

image

3年8ヶ月勤めていた会社を辞めて

「自分に合った仕事がしたい」と、あれこれ模索している2月でした。

最初は「子育てママを支援する仕組み作りをしませんか」と知人に誘われて始めようとしました。

今流行りのクラウドファンディングで活動資金を集めようとしたり、
春日部で活動の拠点とする物件を見て回ったりしていました。

しかし数週間ほど模索したところで、このプロジェクトから辞退しました。

「社会に役立つことがしたいし、とても有意義な活動ではあるけれど、私には育児や保育の専門性が足りなすぎる」と感じました。

色々考えてる中で、

「社会の役に立つことがしたい」

という想いが強いことを自分自身感じていました。

一方、

アートディレクター・佐藤可士和さんの影響で、

「問題の本質を見抜いて、深堀りして、広告としてシンプルに社会に伝える」
そんな活動にも憧れました。

私はミュージジャン活動を長くしていたので、ソングライティングを表現方法として選びました。

企業の本質的な魅力をヒヤリングして、
感じたことを歌詞にして、
唄にして社会に向けてPRすることをしました。

image

この曲作りのときに
初めてスクエアラインを訪れました。

それがキッカケで
今スクエアラインでお仕事をしています。

なんとなく、
「社会の役に立ちたい」
「問題の本質を見抜く」
「シンプルに表現する」
という自分のやりたいことが実現出来るような気がしました。

それでも慎重だったので(笑)

ハローワークにて、
「他にもっと自分に合う仕事はないだろうか?」と、タッチペンを使ってお仕事検索をトントントントンしてました。

偶然ハローワークのお仕事検索用のパソコンで「適職診断」をやってみたところ、

私に合う仕事は・・・「職業安定所(ハローワーク)」と診断されたのですw

でも私の性格上、ハローワークのデスクにジッとしている姿を想像できませんでした。

意を決して、スクエアラインの求人票を印刷し、ハローワークの窓口に持っていきました。

今に至る

image

営業 / 佐藤