複数条件指定 一発検索

HOME > スクエアライン ブログ > 派遣先担当者様インタビュー 第1回(全5回)

派遣先担当者様インタビュー 第1回(全5回)

スクエアラインNews, フォークリフト, 未分類, 派遣先インタビュー, 物流

企業様インタビュータイトルビジュアル

こんにちは、スクエアライン本社です。

スクエアラインの社員は、派遣先の皆様へ良いサービスを提供するため、常に向上心をもって仕事に取り組んでいます。

 

「派遣先の担当者の方の本音を知り、より満足していただきたい」
そんな気持ちから、派遣先の担当者の方にインタビューをすることにしました。

 

今回インタビューに応じていただいたのは、埼玉県三郷市のE社、E常務です。
インタビュアーは営業の佐藤と、担当営業の松永です。

 

 

佐:今回は、派遣先の採用担当の方に「スクエアライン派遣を利用してみてどうでしたか?」という趣旨のインタビューです。よろしくお願いします。

E:よろしくお願いします。

佐:まず、スクエアラインとの出会いのキッカケはなんだったんでしょうか?

E:うちが倉庫管理とトラックの輸送業務をやっていて、求人広告をお願いしていた求人媒体屋さんに「どこか派遣会社さんでいいところを紹介してくださいよ」って紹介してもらったのがキッカケです。

松:本当にありがたいですね。

佐:元々、今回のご依頼は閉鎖が決まっている倉庫へのフォークマン募集依頼でした。

どんな業務内容でしたか?

E:請負で食品をやっていました。

佐:何年ぐらい請負されていたのでしょうか?

E32年ぐらい。私が現場をやっていたのは18年。

現場でフォークリフト業務をしながらも、人の管理や面接も自分でやっていました。

佐:現場仕事をしながら、人員募集も・・・大変でしたね。

 

佐:御社には未経験のフォークオペレーターAさんの採用をしていただきました。

 

EAさんはいつからだっけ?

 

松:Aさんは2018/4/1からですね。

EAさんをうちで採用するって言ったのは、いろんな意味があって。

松:そうですよね、ずっとお話を聞いています。

E:業界的に(人材の確保は)厳しいから。資格取ったばっかりで経験なくて、っていう人も「俺はすぐ受け入れるよ」って言ったじゃない。

松:はい。

E:あれは、未経験フォークオペレーターを受け入れたっていう実績を作ってあげたいと、“派遣会社に”。

佐:“派遣会社に”ですか!?ありがたいですけど、それは何でですか?

E:そういう風な気持ちで協力会社(派遣会社)と接しないとダメだと思う。

佐:素晴らしいな。

松:あとあれですよね、Aさん側、フォークリフト未経験の方も、フォークリフトを経験させてくれたっていう恩で、仕事が長続きしてますよね。

E:そう、この現場がなくなるっていうのはわかってたから。

佐:4月の時点でもう。

E:わかってたから。「現場がなくなる」って知ったら、普通みんな最後までいない。途中で辞めて新しい仕事を探す。でも、未経験者は「フォークリフトを教えてくれた」っていう恩があるから、最後までいてくれる。そういうメリットはあるわけ。

松:結果最後までやってくれましたしね、Aさん。

E:で結果、インタビュー記事も作れて() 

 

E:終わりはあったんだけど、最初からAさんを面倒みてて、最初2週間くらい。

松:そうですよね、つきっきりでやっていただいて。

E:付きっ切りで。仕事はさせず、フォークリフトの練習だけをさせて。

佐:お給料付きですよね。

E:それでも、そういう人を一人取っておきたかった。だからお互いメリットがある。

佐:ああ。ちゃんと両方。

E:両方ないとダメ。自分のところのメリットだけ考えてやってると、多分協力してくれなくなる。

佐:そのお考えは社風ですか?

E:って思う。お客さんに対しても、やっぱりこういう風に、お互いのメリットを考えて接してくれるお客さんも結構いるの。けど、そうじゃないお客さんもいる。そういうお客さんには来てもらいたくないと思っちゃう。そういうところは(派遣会社に)紹介したくない。派遣先のT社さん(E社様からご紹介いただいた派遣先)は、やりやすいでしょ?

松:そうですね、はい() 本当にありがたいです。

E:だから、(派遣会社に)紹介はできるんだけど、「派遣の人間だろ」って見る現場は紹介したくない。入る人がかわいそうじゃん。一緒になって社員と同じような扱いしてくれて、コミュニケーションを取ってくれるような現場なら紹介する。

佐:なんか、こちら側が与えていただいているものが多くて、逆にスクエアラインがお役に立てたところでいうと何でしょう?

E:最終的に一番多くスタッフさんが残ってたのって、スクエアラインさん?

松:あ、本当ですか!D社さん(※他社)とかは。

ED社さんも協力してくれたけど、他との稼働がちょうど被っちゃってて。

松:そうですね、確かにうちのスタッフはわりと残ってくれましたね。

E:最後まで5人くらい残ってくれたよ。

 佐:ちょうどこの質問項目に、あまり比べるのもあれですけど・・・「他の派遣会社さんと比べてスクエアラインはどうでしたか?」

 

担当松永ドキドキ…!!
派遣先企業様から見たスクエアラインと他社の違いとは…
派遣先企業インタビュー第2回はこちら>>>

 

これからご登録される方へ一体どんな人が担当してくれるのか・・・とご不安な方のためにメッセージ動画を作成しました!

私たちコンサルタントが責任をもって対応させていただます。

写真をクリックして、動画をご覧ください。

探し方がわからない、数が多くてわからない、失敗しない転職、仕事に就きたい方はまずコンサルタントに相談してみませんか?

加藤 幸将

スクエアラインでは、埼玉県内の物流業務を中心とするお仕事を担当しております。

企業様のご依頼に関するお問い合わせや、求人に関することまで、私加藤に何でもご相談ください!

大中 恵介

人材をお探しの企業様とお仕事をお探しの皆様、双方から喜んで頂けるような良いご提案、良いサービスができるよう全力でお手伝いさせて頂きます。聴いてみて!大中君の歌唱力(YouTube)

佐藤 将人

世の中に「適職」に就いてる人はどのぐらいいるのでしょうか?
今まで経験したものから選ぶだけではなく、生まれながら持っている性格・趣向にマッチした仕事選びを皆さんと一緒に考えていきます。

刈間 哲司

派遣で仕事をすることにも、いくつかのメリットがあります。
自分の希望する働き方に則した仕事先をみつけやすいことも、その一つでしょう。
あなたの新しい生き方を、いっしょに探していきましょう。

中山 潤

人にはさまざまな個性があります。その個性も生かせる職場探しが私たちの仕事。
忌憚なくご相談ください。

角替 直人

転職を決心して、新しい職場へ踏み出すときは、不安や悩みを多く抱えることが多いと思います。
そんなときは、一人で悩まずに、いつでもご相談ください。一緒に解決方法を考えていきましょう。

松永 千明

主に埼玉県近郊の物流業務を担当しています。
同じ物流の業務でも、仕事内容や環境はさまざまです。たくさんの派遣先の中から、あなたに合ったお仕事をご紹介いたします。

こんな私たちですが、全力で転職支援、仕事の支援をさせていただきます!

仮登録申し込みフォームでの申し込みはこちら

仮登録することであなたにぴったりのお仕事をスピーディにご紹介します

お名前
希望職種
メールアドレス
電話番号