複数条件指定 一発検索

HOME > スクエアライン ブログ > 挑戦する派遣スタッフさんにインタビュー<フォークリフト編>3回(全3回)

タグ別アーカイブ: 派遣社員

挑戦する派遣スタッフさんにインタビュー<フォークリフト編>3回(全3回)

スタッフインタビュー, フォークリフト, , , , ,

←前回の<フォークリフトの免許をとることにしたきっかけは?>はこちら

応募から就業までの様子を教えてください。

松:スクエアラインに応募していただいてからの面接や、就職までの流れは、どのような印象でした?

A:あのー(笑)拍子抜けしてしまったところがあって、なんかもっと厳しく、

松:厳しく!?(笑)

A:もっと厳しく査定されるものだと思っていたんですよ。

松:そんなそんな(笑)

A:あのー、派遣業が私初めてで…

松:そうですよね。はい。

A:普通の入社の面接っていうとそれしか思いつかなくて、やっぱりなんか、「未経験ですしちょっと…」とか言われるのかと思ったんですよ。

松:(笑)いやいやいや。

A:「女性ですしちょっと」「年齢ですしちょっと」とか、あるかと思っていたんですけど、健康のイエスノーだったり、適性検査みたいな質問用紙を書いてくださいって言われるぐらいで、あれ、これでいいんだろうかと思ったので、

松:(笑)はい。

A:拍子抜けしてしまった感じです。

松:あー…もっとがっつりやるのかと(笑)

A:そうですね。なんかもっと、この人どんな人だろうっていう面接をされるのかと思いました。私にとっては、とてもありがたかったんですけれど、会社さんは大丈夫だったんですか?

松:いやもう全然大丈夫です。

A:変な、私がとんでもない人だったら、どうするんだろうと思って(笑)

松:いやいやいや!(笑)

(しっかり面接させていただきましたよ)

リーチフォークリフト 荷積み作業
現場でリーチフォークリフトを操作して業務にあたるAさん

 

現場の方からのAさんの評価が、とても高いです!
心がけていることはありますか。

A:あのー、挨拶だけはしてる(笑)

松:それが、それが一番(大切)ですから(笑)

A:返事だけはいいんですけど(笑)

松:それも一番です(笑)

A:ちょっと理解がね、はい。

松:いやいやいやいやいやいや!

 

松:勤務されてから、もう2か月くらい経ちますか?

A:はい、そうです。

松:で、もうすぐ2か月っていうところで、どうですか?成長っぷりは。フォークの操作とか。

A:そうですね。あの、自分で言うのもおこがましいんですけども、

松:いえいえ。

A:まあ本当に一番、4月の初めに課長に教えていただいた時よりは、乗れてると思う(笑)。そのとき、そのときの技術ではできない、出荷とか難しい業務を、徐々に徐々にさせてもらえているので。

松:はい。

A:そうですね。ご指導が本当に良かった、ありがたかったので、はい、乗れています。

松:(笑)いやーよかったです。

リーチフォークリフト 操縦レバー
リーチフォークリフト 操縦レバー

現場でのフォークってやっぱり怖かったりすると思うんですけど

A:怖いです(笑)

松:気を付けていることはありますか?

A:もう本当に基本的なことです。背後チェックとか、その日にあった、怖かったことを書いて、

松:はい。

A:(操縦席に)置いたりしていました。ちょっとぶつかりそうになっちゃったとか。

松:ヒヤリハット的な?

A:そう、例えば、パレット刺すときに爪が下がっていなかったから、

松:あー…はい。

A:段ボールには刺さらなかったけど、パレットバシっていっちゃったとか。

松:はい。

A:なので、その、背後確認爪確認タイヤ確認。最近では、最初の頃よりは慣れてきたのもあって…「はじめのころとは違うヒヤッ」とすることが結構出て、

松:あー…。

A:安全が一番なので。危ない状況になってるなーってなったら、迷惑かもしれないですけど、すっごいのろーーーっとやってます。

松:気を付けて運転していただくのが、やっぱり一番。

A:多分、そのときは、自分でも気がつかないくらい、焦っていると思うので。

松:はい。

A:もう、あえて、すごーく遅く。迷惑だとは重々思うんですが。やっちゃったりしています。答えになっているか…すみません。

松:なっていますよ。ありがとうございます。

 

体力的にはどうですか?

A:先週くらいからピッキングをやらせていただいていて、やっぱりフォークだけ乗っているんでしたら、体力的にはまったく何にも問題がない (笑)と思うんですけど。

松:(笑)

A:ピッキングは…慣れもあるんだと思うんですけど、正直なところ、疲れるかなって…

松:(笑)そうですよね。

A:はうっ!ってなります。

松:そうですよね。

A:はい、何て言うんですかね、段ボールを、こう、うまく並べたりするのに、私頭も多分使ってると思う(笑)

あと…(荷物が)小さくて重いのならまだいいんですけど、大きくてちょっと重いのとか、やっぱり、腕のリーチがないので、ガバッ!ドバッ!みたいなのがちょっと大変だったり。でも、まだやり始めなので、慣れていけたらと思っています。

松:あとはお仕事とプライベートのバランスですね。残業とか、土曜日出勤とか。

A:土曜日出勤は…出ていますね。

松:そうですよね。

A:ほとんどプライベートがインドアだから(笑)

松:いやいやいやいや!インドア最高じゃないですか!(笑)

A:多分アクティブな人だと、ちょっと休みが…って思うかもしれないんですけど、その、家でゆっくりしてるのが好きな人の分には、十分、毎週日曜ちゃんと休みですし、祝日も休みですしGWも休みでしたし。

松:そうですね。

A:で、私は今残業がないので、ありがたいことに。うーん、充実というか

松:大丈夫ですか?

A:はい、不満もなくです。

松:(笑)良かったです!

A:やらせていただいてます。

人材派遣スクエアライン 派遣スタッフへのフォロー
定期的に業務の様子をうかがいます。何かあれば遠慮なく相談してくださいね。

 

では最後に、Aさんの将来設計は?

A:将来設計(笑)

松:将来設計!(笑)

A:そうですね、今、フォークリフトの資格は、ほぼ誰でも取れると思うので(笑)。その後が大事なんですよね。フォークの資格を取っても技術が必要なので、4月から入ってつくづく思いました。

松:そうですよねー。

A:はい、で、ありがたいことに、とてもいいところに派遣していただいたので、このチャンスを活かして、将来設計的にはフォークの技術をもっと磨きたい!

松:はい。

A:ピッキングも、速さ、あとは積む正確、安全さを磨いていきたい!で、長く働けたらいいなって思っています。え、そんな感じで大丈夫ですか?将来設計。

松:ありがとうございます。

 

Aさん、貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました!
前向きに、ひたむきにお仕事されているAさん。
これからも素敵な挨拶を忘れずに、お仕事がんばってくださいね。

今日も一日、ご安全に!

 

 

banner_special_4松永

シニア世代の採用 〜本音を出来る限りお伝えします〜

シニア, フォークリフト, 健康, 活躍

本音を出来る限りお伝えします。
フォークリフト派遣 営業の佐藤です。

 

シニア世代の採用について

私が担当させて頂いた事例をお話したいと思います。

 

2018年は(2018.5.7現在)

 

4月 2名、3月 2名、1月 1名
60代以上のフォークマンを合計5名採用しております。

 

60〜65歳・・・2名(男性×2)
66〜70歳・・・3名(男性×2 女性×1)

 

 

求人応募の際、
「若い人がいいのかな?」と採用についてご心配の声を頂きます。

 

私の実感として、
フォークリフト派遣においては、

20〜30代よりも60代以上のシニア世代の方が長期に渡りご活躍頂いており、お仕事のマナーも良いという印象です。

 

現在私が担当させて頂いてるスタッフさんの

 

3人に1人が60代以上

15人に1人が20〜30代

 

 

数値データを見ると主に活躍しているのはシニア世代だとご理解頂けると思います。

 

安定したお仕事に就くまでにいくつか関門があります。

 

まずは

 

「健康」であること

 

これはシニア世代に限らず、元気にお仕事をする上で必要なことですね。

 

次に

 

「体の負担が少ない業務」であること。

 

シニア世代が長く活躍出来るお仕事現場の必須条件です。

 

どのような現場かと言うと、

パッと思い浮かぶのは

 

【環境】
「常温であること」
→物流センターや倉庫。冷暖房完備の設備でなくとも服装で調整されています。

 

また、意外と野外でのカウンターフォークリフトによる荷積み・荷下ろし作業での活躍をよくお見かけします。

 

雨風の影響があり明らかに大変ですが、交通誘導でもシニアの方がカッパを着てお仕事されていますよね。体に負担があることの中でも許容範囲なのでしょうか。

 

雨天時は雨に打たれるような現場で長期勤続されているケースは少なくありません。

 

【取扱商品】
「お菓子」「常温食品」
→ピッキングや仕分けを伴うフォーク作業の中でも商品が軽量だと身体に無理ないですね。女性や細身の男性でも長期勤続可能なようです。

 

「飲料」

→トラックからの積み下ろしなど「乗りっぱなし」と呼ばれるフォーク作業9割以上のお仕事の場合は手で持つことは稀なので重量物はネックになりません。

 

ずっと乗っているのも大変だと思いますが、乗りっぱなしは長く続けられる要因となっています。

 

「業務用洗剤」「ゴム薬品」

→比較的重い10〜20kgの商品を扱う現場で活躍されているシニアの方もおります。

身体を元々鍛えられている方や腰に負担のかからない持ち方を出来る方が長期活躍しています。

 

【職場の同僚】
「各年代(60代、50代、40代、30代)が揃っている現場」は上手くいってる印象があります。

 

30代に60代の気持ちが分かってもらえなくとも、50代ぐらいになると「気持ちが少し分かる」という仲間がいてフォローして下さることで良き理解者、橋渡し役になっている印象です。

 

「若い人が多い」現場でも部署や配置を工夫することで、若い世代と同じスピードでやらなくても適材適所で活躍できる環境を整えている現場もあります。

 

【作業スピード】
朝から晩まで常に忙しいノンストップな現場でなく、比較的8時間の中でも小休憩や待機時間が多い現場は「スローで安全重視」が徹底できているようです。

 

「荷物を積んだトラックはたまにしか来ないけれど、フォークマンが常時1名いて欲しい」というニーズの現場が時折あります。

 

ミネラルウォーターのボトルをラック保管している現場です。

 

社員の多くは外回りの営業に出てしまうため、専属のフォークマンが社員の中で不在。

 

穴を空けてしまうと代わりにリフト作業を出来る方がいない現場なので、毎平日休まず勤続してくれている弊社スタッフは重宝されています。

 

【勤務時間】

8時間フル稼働する現場が多く、逆に時短勤務で採用しているケースはあまりお見かけしない印象です。

 

とはいえ、先日。

早朝7時から12時までの5時間のフォーク作業の募集依頼があり67歳の男性スタッフを採用頂きました。

 

スタッフさんからは「もう3時間働きたい」とご要望を頂いているのですべてのニーズを叶えるのは難しいものです。

 

 

以上、

私が担当しているシニア世代スタッフの就業状況を見て感じた生の情報です。

 

現状、

なかなかマッチングに至らないケースは

 

「フォークリフト講習修了証あり、実務経験なし」

 

という条件です。

 

求人の資格欄に

「フォークリフト実務経験のある方」

 

とある場合はスキルが求められますので、未経験の方でマッチングする可能性はかなり低くなってしまいます。

 

今回事例として登場したフォークマンは全員

 

「フォークリフト実務経験あり」

 

のスタッフになります。

 

可能性は0%ではありませんが、

シニア世代でフォークリフト未経験から受け入れが可能な現場はとても少ないのが現状です。

 

そういった求人が発生した場合も、

お住まいから通勤可能なエリアか、

諸々の条件がマッチングするか、

 

運やタイミングが必要になってきます。

 

最後に、
弊社で3年以上活躍されている方で現在76歳のフォークマンがおります。採用当時は72歳でした。

 

「スクエアラインの派遣スタッフ登録」に年齢制限はございません。

 

(派遣登録の流れはこちら)

 

求職者様にとって1番大事なことは

 

「派遣スタッフ登録をすること」

 

ではなく、

 

「職を得て、稼ぎを得ること」

 

そのことを念頭に置くと、
ご希望頂いたお仕事の内容と体力的なものを考慮するとご応募をお受けする際にご相談させて頂く場合もあります。

 

履歴書のご用意やご来社のためのお時間など、大切な時間や労力を割いて頂くので、思わせぶりなご対応はするべきではないと思っております。

 

シニア活躍中の現場についてはとても人気が高く、弊社のホームページにもたくさんのシニア求人ニーズのある方にアクセス頂いております。

 

シニア向け求人の掲載がある場合ない場合があり、申し訳ありません。

 

前述した通り、
「若年層よりもシニア世代の方が長く活躍し頂いている」というのは担当させて頂いている身として率直な感想です。

 

「シニア世代活躍中」という求人にオススメ案件を集めております。是非チェックしてみてください。

 

営業 / 佐藤

紅葉を見に行ったよう@高尾山

ワクワク, 休日, 健康, 癒し系, ,

あの「山の日」以来、今年2回目、また高尾山に登りました。

image

紅葉し始めたこの日11/20は大混雑。

前日の土曜日が雨だったこともあり、みなさん翌日延期されたのではないかというこの日。

 

image

高尾山口駅前はこのごったがえしよう。

 

image

登山口前の店通りから見える紅葉と青空が素敵です。

image image

 

ロープウェイやケーブルカー以外の徒歩ルートはコースがいくつかあります。

image

その中でも一番人が少ない道を選んでもこの行列。頂上まで一気に登っていくコースです。

 

image

image

しかしお腹がすいた私たちは頂上を目前にしてお昼が食べられるところを目指し少し下る。

image image

 

前回紹介したダークホース800円のカレーライスは相変わらず美味しいのです。(ちょっと食べたあとの画像すみません)

image

結局、頂上からの景色を見ることなく下山しました。

image

なんせこの日は登山道中よりも登山口の方が紅葉がキレイだったもので、

image

image

そして足パンパンで京王線に乗り帰りました(^◇^;)

営業 / 佐藤

 

「あなたの自慢の安全靴」見せてください④

スクエアラインNews, フォークリフト, 活躍, , ,

「あなたの自慢の安全靴」見せてくださいシリーズ第四弾。

 

ドクターXに負けないシリーズになることを目指しています。

 

Q.誰かと同じ安全靴を履くことは?

A.致しません。

 

Q.物流現場で甲に鉄板の入っていない靴を履いて働くことは?

A.致しません。

 

「私、(安全靴選びに)失敗しませんから」

 

そんな安全靴、横文字でセーフティシューズの公開です。

 

image

3テープホワイト安全靴、ドン・キホーテ産。

週末からお仕事を開始したスタッフさん、昨日買ったそうです。今後ともよろしくお願いします。

 

image

サッカーシューズっぽいデザインの安全靴。

実はこの安全靴の持ち主は第二弾にもメッシュタイプの安全靴で登場した方です。

冬は防寒も大事ですからね。

前回のは靴底がガパガパになるまで履き潰したとか!?いつもありがとうございます。

 

image

オレンジが印象的な安全靴!

50歳から未経験のフォークリフトオペレーターとしてスタートしたこの方もフォークリフトオペレーターとして一人立ち!丸一年勤続頂きました。ありがとうございます。

 

image

真ん中のワンポイントのレッド、光沢のあるブラック、シルバーの5本線クールですね。

なんと74歳の現役フォークリフトオペレーター。スクエアラインでの最年長スタッフさんです。すでに1年以上勤続頂いております。

まだまだ現役でお願いしますよ〜!!

 

以上、「あなたの自慢の安全靴」でした!

 

営業 / 佐藤

Square Line Walker① ~久喜・白岡編~

スクエアラインNews, ワクワク, 癒し系,

ある日の朝。

菖蒲白岡工業団地での派遣スタッフさん初日ご案内を終え、最寄駅の新白岡駅まで歩いてみた。タクシーで片道2000円ほどの距離。

image

 

久喜菖蒲公園の池は東京ドーム6〜7倍の広さ。

 

以前、首都圏公園スタンプラリー(東京〜神奈川〜埼玉〜千葉)のスタンプスポットとして訪れたこともある。

 

時計の長い針が「12」を指すとBGMと大きな噴水がコラボレーションする。

 

image

 

白岡の幹線道路から外れると田園風景と高速道路のコラボレーションが見える。

 

image

秋らしいオレンジの花が素敵です。

 

image

 

逆光だが、この広々した景色に一本松が立っていて、この腰をクネった幹の感じがセクシーである。

 

untitled

ちなみにこちらのオシロイバナは先ほどの現場で活躍しているスタッフさんが

 

「アレ咲いたの!」と送ってきてくれた画像。

スクエアラインの岩槻本社に来社してくれた際に駐車場に落ちていたオシロイバナの種を拾ってご自身の畑で育てたもの。

 

駐車場で拾ってるシーンから見てたので、育てて咲いたものを見たときに、

 

時の流れ、心の豊かさ、感性の豊かさ、ストーリー性を感じました。

 

「種を拾ってる姿」だけ切り取っても、

「咲いた花の画像」だけを見ても感動はないかも知れないけれど、

 

この括弧二つの間にある時間に

笑顔で花が咲くのを楽しみにしながらせっせと種を撒くスタッフさんのことを想像すると

ほっこりするのです。

 

営業 / 佐藤

「あなたの自慢の安全靴」見せてください③

スクエアラインNews, フォークリフト, ,

「あなたの自慢の安全靴」見せてくださいシリーズの第三弾です。

 

安全靴、それは顔。

その人の個性を映し出す鏡です。

 

たくさんある安全靴の中からフィーリングで皆さん「これだ」と思う安全靴を選んでいるのだと、安全靴を撮りためていて感じることです。

 

では、最初の一足。

これはとあるスタッフさんがお仕事開始にあたり、新しく購入された安全靴です。

 

紐なし安全靴、通気性も良さそうですね。

ブラックと鮮やかなブルーのコントラストが素敵です。

image

 

こちらも新しく購入されたもの。

白地のメッシュ部分の広がり方が印象的ですね。ナイスWhite & Blue!!

image

 

こちらは年季の入った安全靴。

色んな現場を経験してきたことを感じさせるオーラをまとってます。

赤紐が印象的でクールですね。

image

 

こちらはレザー感のあるハイカット安全靴

足大きいですねー。何cmでしょう?

image

 

では次回の「あなたの自慢の安全靴」見せてくださいをお楽しみに。

 

営業 / 佐藤

スタッフさんと一緒に「山の日」登山

かけ橋, フォークリフト, ワクワク, 休日, 新しい取り組み, , ,

8/11  新・国民の休日「山の日」に高尾山登山をしました

 

image

 

キッカケとしては担当しているスタッフさんが上京して数カ月、ほとんど東京らしいことをしていないとのことで、

色々ヒヤリングしてるところで出てきたキーワードが「アウトドア」

 

「山」か「川」か二択あって、涼しい感じで川で秋川に行く予定でしたが、

 

 

「川だとネタがすぐ尽きてきて気まずい」と想像し、

 

 

気軽に行けて、ガイドするのに訪問経験のある場所が

 

 

高尾山でした(東京の西側出身らしく!)

 

image

 

スタッフさんと日程調整していく中で、偶然「山の日」とかぶったのです。

 

image

 

アニメ好きなスタッフさんは「ヤマノススメ」から色々知識を得ているらしく、

私は「アニメ学習」という概念を学びました。

 

image

登山途中の休憩所で腹ごしらえ

 

image

 

高尾山名物と言えば「とろろそば」

 

なのですが、

 

ダークホースでカレーのクオリティが高かったです

image

 

山頂付近には高尾山のある八王子に住んでいるサブちゃんの「山の日」制定記念曲「高尾山」が流れていました。

image

 

高尾山頂上ともなると、ペットボトルの値段が跳ね上がります。

なんと1本210円。※登山途中の自販機は180円でした。

image

 

ところで、

 

裏高尾って知ってますか?

 

image

 

頂上にたどり着いたあと、そこからさらに山道が続くのです。

 

ドラクエⅢでオモテ面のボス・バラモスを倒したあとにゾーマのいるウラ面がありますが、

 

まさにそんな感じの「奥高尾」があります。

image

 

image image

image image

image image

 

高尾山口駅から高尾山山頂までにあったような新品でキレイな看板はなく、

ラフな恰好をした登山者もいなく、(私は夜中に近所のコンビニに行くようなTシャツ・ステテコ・サンダルの装い。「山を舐めてますね」とスタッフさんと突っ込まれましたw)

山頂から同じ方向に進む登山者はいませんでした。

 

東京の西側出身の私にとって未知の領域。(こういうのが最高)

 

途中、城山茶屋という休憩所でお休み。

image image

 

名物の「なめこ汁」を頂く

image

 

ここまで来て、ようやくゴールにすべき場所が「相模湖」であることに気付く

 

image

 

休憩所から1時間をかけて下山

 

image image

image image

 

11時半~17時で高尾山口から山頂を越えて、裏高尾の麓・相模湖でゴールしました。

 

image image

 

「山の日」の思い出がバッチリできました。

 

一緒に行ったスタッフさんにとっても上京して初めて東京らしい思い出になりました。

 

でも、スタッフさんにとっては「電車に乗ったこと」が6年ぶりで中央線デビュー。

これもまた衝撃だったようですw

 

営業 / 佐藤

夏の新生活〜お盆に一度 〜

休日, 癒し系,

夏の長野です。

南信州の妻方実家へ帰省しました。

image

 

今朝、自宅から車で出発して、午前中にご実家に着き、

 

同日15:05には岡谷駅発 特急スーパーあずさ22号で東京へ帰るところです。

(東京と言いましたが東京の西側です!)

 

image

image

 

妻と子をご実家へ置いて行っただけのひとりトンボ帰りでございます。

 

image image

 

なんだか時間を持て余したので、明日投稿するブログを書いているという今、岡谷駅1番線でございます。

 

そうなんです、これからしばしの独身生活がスタートします。

 

もちろん妻も子も大好きですが、自分だけの時間もたまーには欲しいのです。

 

派遣営業という仕事は一人で行動する時間も多いので、今でもまったくないわけではない。

 

ですが、

 

持て余してものすごく暇になっちゃうプライベートを久々にやりたい

 

今のところの予定はそうですね、

「川に行きたい」という上京したてのスタッフさんがいるので、秋川の方でもいってみようとか、

 

(おっと、夏なのに秋川ですか?ってツッコミは要りませんよ)

 

最寄駅の行ってみたかった飲食店に帰宅前に寄ってみたり、

 

このお盆はいつもと違う習慣の中に身を置きつつ、四年に一度の世紀の祭典 リオデジャネイロ五輪を観たいと思っております。

 

〜8/7 もうすぐ韮崎に着くあたりのあずさ車内にて〜

 

営業 / 佐藤

通常業務をしながら指導することの難しさ

かけ橋, ヒューマンコンシェルジュ, 活躍, 解決,

派遣先では現場責任者の指示に従ってください

 

派遣経験のある方なら聞いたことがあると思います。

 

また聞いたことがなくても、初めて働く現場において現場責任者の指示を仰いで行動するものだという共通認識を持っていらっしゃると思います。

 

もちろん、それは正解です。

 

初めて働く職場で、自分勝手な判断で動いてしまっては、大きな怪我や事故、トラブルや苦情につながります。

 

いかに過去の職歴の中で似たような業務経験があったとしても、職場ごとに勝手が違うわけですから、その職場ごとのルールや手順に従うことが基本です。

 

しかし、

 

基本通り行動していたにも関わらず、

 

現場責任者から十分な指示が降りてこなかったり、

指示がないため理解できず、

何をしていいか戸惑っている自分を見てイライラされた。

 

こんな経験はないでしょうか?

 

「物覚えがわるい」

「自分から積極的に動かない」

 

 

という評価を現場からされているかも知れません。

 

しかし、

派遣スタッフからしたらこれほど理不尽なことはないでしょう。

 

「覚えが悪いもなにも指示がない」

「積極的に動けもなにも、”現場の指示に従って”と言われている」

 

このような矛盾がよく起こります。

 

実は、初めて派遣スタッフを依頼して下さる企業様の多くは、

 

長いこと「ベテラン」や「不動のポジションの方」に頼っていた傾向があり、

 

 

ベテラン社員が新人を「教育する」というスキルが積まれていないケースが多いのです。

 

ベテラン社員は新人を教育することに関しては初心者であるにも関わらず、

 

 

「経験豊富なベテランだから大丈夫だろう」

 

 

と思われてしまっているので、

 

「今日から(明日から)新しく派遣スタッフが入るから現場で教育よろしく頼む」

 

と、十分な段取りもなく「名前しか知らされていない派遣スタッフ」を現場に放り込まれている場合があります。

 

そのような場合、現場の責任者も戸惑っているのです。

 

頭の中が整理されない状態で

 

「普段の通常業務」と
「ぶっつけ本番の新人教育」

 

の二重業務にキャパオーバーになっているため、荒っぽい言葉を派遣スタッフにぶつけてしまうことがあるのです。

 

「通常業務をしながら新人に指導することの難しさ」

 

ここに気づかなければいけません。

 

「新人教育」は通常業務の延長でなく、通常業務とは別モノ。

 

 

「教育」というスキルです。

 

だからといって、

 

学校の教員のように専門の勉強やトレーニングをしてこないと成しえないものかと言えば、そんなこともありません。

 

最低限、新しいスタッフを受け入れるための「段取り」をしておくことです。

 

一日の流れをある程度想定して運営側と現場側で共有し、

 

「通常業務」と「教育指導」のバランスをどのように配分していくか、事前の打ち合わせをしておくことです。

 

 

完璧でなくていいのです。

ただ一日一日うまく指導できたかどうか振り返ることが大事です。

 

私自身が担当している現場では、現場のリーダー的な存在の方が、新人の派遣スタッフを何十年やっていたベテランと同じレベルで見てしまい、プレッシャーをかけ過ぎて退職に追いやってしまった事件がありました。

 

 

当時のスタッフさんたちには申し訳ないのですが、

 

その失敗経験を教訓にして、
その後改善された派遣先もたくさんあります。

 

現場の意識が変わるだけで派遣スタッフは見違えるように活躍するのです。

 

 

だから私たちも
「人材を紹介すること」だけでなく、

 

「派遣スタッフが活躍するためのアドバイス」を僭越ながらさせていただくこともあります。

 

「なぜ退職してしまったのか」、スタッフ本人からヒヤリングした内容を率直に伝えることで、改善すべきポイントを見つけて、企業様と一緒に問題解決しています。

 

これにより「従業員が定着するようになった」いう現場は少なくありません。

 

営業 /佐藤

スクエアラインオリジナルTシャツ

スクエアラインNews, ワクワク, 新しい取り組み, 活躍, , ,

ついに解禁しました!

スクエアラインオリジナルTシャツ

image

 

 

<フロントスタイル>

image

image image

 

<バックスタイル>

image

image image

 

<Tシャツの特徴>

胸にパズルのピースのロゴ

image

素材は吸汗速乾ドライメッシュを使用

image

 

<現場でスタッフにも着てもらいました>

image

image image

試作段階では綿素材を使用していましたが、

物流の現場で働くスタッフより

「綿は暑い、汗を吸うと重い」

「洗濯してすぐ乾かないから翌日着れない」

と着心地、使用感に対する感想・要望があったため

 

ドライメッシュを採用しております

image

この夏、

お仕事の現場でも、プライベートでもバッチリ。着心地よくお楽しみ頂けます。

 

<オリジナルTシャツ広告用チラシも作成しました>

 

image image

スクエアラインオリジナルTシャツはサイズ関係なく一律1着2,160円(税込み)

在庫なし、完全受注生産にて承っております。

 

※スクエアラインオリジナルTシャツ販売は予告なく終了する場合がございます。

 

オリジナルTシャツ担当 / 佐藤