複数条件指定 一発検索

HOME > スクエアライン ブログ > 集中できてるときの絵

物流 の記事一覧

集中できてるときの絵

健康, 整理, 物流, 解決

<一度に複数の仕事が降りかかってる絵>

E593B58D-F4C5-406F-BD0F-99F4DA42D0B2

 

<ひとつひとつ仕事をさばけるときの絵>

8FB641BC-20E6-4BD2-9B36-1E337B93EFD2

 

むかし、複数の敵 VS 自分1人みたいなときに

狭い通路に誘導してひとりひとりと戦うみたいな戦法をみました。

 

物流現場でも想定外に荷量が跳ねて、受け入れ準備が出来ていないときには
冒頭1枚目の図のような状態になっているときがありますよね

 

あっちからも敵

こっちからも敵

 

普段ひとりひとりなら余裕で相手に出来る実力があっても

不意打ち状態となれば四方八方からやられてしまいます

 

この図では仕事をさばく対策として

 

「狭いところに誘導する」

 

ことで「5VS1」から「1VS1」に転換する作戦を実践しています

 

①戦略を考える時間があれば対処できるのか?

②どこかでアイデアをインプットすれば解決策が提案できるようになるのか?

 

 

物流の現場にはどちらも足りていないと思います

 

 

「忙」とは心を亡くすと書きますが

 

いいアイデアは「心」がないと浮かばない

 

 

心を亡くさないためには「時間」がないといけない

 

 

そういう意味では昨今の残業時間規制について各社が本腰を入れて意識的に取り組んでいることは上記の問題の解決のために良い傾向だと思います

 

 

「残業がないと稼げない」

 

 

という層のフォークマンにとって今は苦しい時代になってきています

フォークマンが稼げる月収は日勤時給1,600円の現場で残業含めて33万円/月

例:時給1,600円×160h(20日稼働)+残業時給2,000円×20h(残業平均1h/日)=33万6千円

 

まだ今の時期だと

時給1,600円台となると湾岸地域が多い傾向です。

 

とはいえ、

 

 

「お金も大事だけど、それよりも心身ともに安定して長く続けられる現場がいい」

 

 

というお声もよくお伺いします

 

「職場との相性」

 

 

ですよね

 

うーん、でもなんかんだいって

長期安定して勤続しているスタッフさんの傾向としては

 

 

「職場が家から近い」

 

 

ということが多いような気がします

 

家が近くても

 

 

「職場が移転して遠くなった」

 

 

という自分ではどうしようもない要因もあるので難しいですが

 

でも

 

 

「物流とは流動的なもの」

 

 

であることは間違いないですよね

色んな事情が変わる

 

「仕事の内容」「一緒にはたらく人」「最適人数」「勤務地」

・・・「残業削減」「AIロボットの導入」

 

 

最後、どう結ぼうかと思うのですが

 

結局は、

未来を読んで準備するという「戦略」が必要なんだと思います。

 

私も今の仕事の形が未来永劫続くなんて、まったく思っていません

 

だから自分の考え方、働き方をアップデートしていくことが最近のマイブームです

 

今はそうですね、

出会った方とじっくりお話をするための「心の余裕・時間」を持つことが課題です

 

今日このブログを書いているこの時間は、そういった時間を持てています

 

営業 / 佐藤

靴、クツ、くつ

スポーツ, ワクワク, 物流

フォークリフト・物流ならおまかせ!

スクエアラインの角替(つのがい)です。

 

生活に欠かせない、靴。

 

フォークリフトが稼働する倉庫では

安全靴として、仕事に欠かせませんよね。

 

そんな、靴。

 

宅配ドライバーだった頃、制服が

裾幅の広いカーゴパンツだったので、

ボリュームのあるシューズを

合わせるのが好きでした。

 

E38B4524-34C1-4B75-8E43-1DADA9625E50

 

ナイキ、エアフライト。

 

バッシュって競技への適正、安全性から

ミッドソールが非常に固いんです。

 

仕事に向かないなーと思いつつ、

好きな靴を履くことでやる気スイッチが

入ったので、我慢する価値はありました。

 

荷台に乗り降りする回数が多かったので、

捻挫予防になったかなとも思います。

 

 

日付けが変わる前に終わるのだろうか…

というタフな日は勝負靴。

 

C96BA218-7550-4AEB-97CB-48EA15AAC615

 

ニューバランス、初代フレッシュフォーム。

ランニングシューズです。

写真のアメリカ限定カラーが1番!

 

当時、仕事中はいつも走っていて、

フォアフット走法※だったためチョイス。

※踵ではなく母指球で着地する走り方。

 

つま先から踵までの高低差を

『ドロップ』と表現するのですが、

 

この靴はドロップが少ないため

裸足の感覚に近く、それでいて

クッションもある、画期的な靴でした。

 

安全靴に話を戻しましょう。

アシックスが好きです。

 

スポーツで培われたクッション技術、

片膝立ちで作業しやすいソールの屈曲性、

少し値が張りますが、間違いありません。

 

ちなみにアシックスの安全靴は、

ミッドソール素材の耐久性が高いものも

多く、クッションがへたりにくいので、

贅沢でなくむしろ経済的かもしれません。

 

ご参考ください。

 

派遣先担当者様インタビュー 第5回(全5回)

スクエアラインNews, フォークリフト, 派遣先インタビュー, 物流

ついに最終回!

E常務のやさしさに感動!

<<<第4回を読みたい方はこちらからどうぞ。

 

E:俺もお客さんといろいろ会って話したりするときに、「こうなんだよ」って教えてくれるお客さんってやっぱり少ない。でも、途中までいろいろ話して、そこから先は「自分で気づいたら俺が言ってることわかるよ」みたいな話で止める。

佐:はい。

E:だから、Aさんの時もそうなんだけど、どう使ってくれても、そこまでほら、未経験のフォークオペレーターもうちは受けるよ、未経験のフォークオペレーターを受けてくれる企業さんもあるよ、って思ったことを、今回たまたま、うまくそういう風にインタビュー記事として作るっていう、仕事に対する考え方のスキルアップとして、うまくいったんじゃないかって気はしてる。

松:ありがとうございます。

E:会社の「お客さん」ってなっちゃうと全然違う。来てもらって会って話するのに、対等に話してくれる人って楽。

松・佐:()

E:だから、いつも相手のことを考えてないと、つながりを続けられないなっていうのは。

佐:なかなかないですね。こちら側の提示する条件を受け入れてくれるところって。

E:派遣料金を?

松・佐:()

E:すぐ上げてあげるからね。

松:ありがとうございます。

E:派遣料金を上げられる余裕も残してあるわけよ。派遣料金を上げたら来るはずってわかってるから。そこですぐ対応してあげないと、今度、現場が大変になっちゃうじゃん。(人件費を)上げて落ち着くなら落ち着けばいい。

佐:流出しちゃうんですよね。今なんか特にフォークマンの時給相場がすごい変動したところで、何年もやってる既存スタッフさんが新規スタッフさんよりも時給が低かったりする。

E:難しいよね。

佐:最近はこういったケースは多いです。他の時給条件の良い派遣先があれば紹介できるのだけど、紹介できる現場がないときに辞められてしまう。

 

E:どうなんだろう。価格の感覚からして、たとえば、うちにいた人が、「向こうの方が単価が良いから辞めます」っていなくなったとするじゃん。で、そこで働いて、「やっぱりうちが良かったな」って戻りたいって、来るお客さん(派遣先)を取っといた方がいいよね。

佐:そうですね。1度条件の良い現場へ行かせてあげないと、スタッフ本人も、賃金以外の環境の良し悪しの大切さは実感できないから、本当は行ってほしくないけど、より「今の職場が良かった」って思ってもらうのに、1回外に出ないといけない。

E:派遣先の意識がどうか。

佐:正直、変な辞め方しちゃったスタッフさんでも、時給が上がると同じ現場へ戻ってきました。

E:難しいよね。単価で人を引っ張る。

佐:賃金条件がまた不利になったら出てっちゃう、ってことになると思うんですけど。難しいですね。

E:結局だから、いいのよ。派遣会社さん何社かにお願いしてて、例えば松永さんが「明日から1人入るんで」って連れてきたとするじゃん。で、その人が実際蓋を開けてみたら次の日来なかった。でも別にそれに対して「もう予定してたんだから、その人以外で今日から必ず一人入れろ」って言う人、お客さんもいると思う。それってわかってねーなと思う。だって自分ちで募集したって同じ。人のことだから。

佐:ご理解いただけて本当にありがたい。

松:ありがたいです。

E:普通にね。普通に考えてそうじゃない?それをギャーギャー言えない。

佐:過去に無断欠勤したスタッフさんのご自宅に様子を見に行ってみたりもしたんです。でも本当に、お会いできたところで意味がないんですよね。

E:そうだよね。来てないんだから。

佐:もう二度と来ないし、会えたからって。無断欠勤しているんだからその時間は無駄になってしまう。

E:だったら他のメンバーにいっぱい顔出しといた方がいいよ。

松:本当ですよね。

佐:インタビューは以上です。ありがとうございます。

松:本当にありがとうございます。

E:いつも通りの話しかしてない。

 

E常務、ありがとうございました!

派遣先担当者様インタビュー 第4回(全5回)

スクエアラインNews, フォークリフト, 派遣先インタビュー, 物流

他社とスクエアラインのスタッフには、圧倒的な違いがありました。
<<<第3回を読みたい方はこちらからどうぞ。

 

次の質問なんですけど、「スクエアラインで印象に残っているエピソード」

佐:端から見てると未経験フォークマンのAさんのエピソードが一番印象的なのですが、そのエピソードとは別のお話で。ところでスクエアラインとのお付き合いはいつからでしたか?

松:2017年の3月ですね。

E:ちょうど2年。

佐:いろんな瞬間があると思うんですけど。って、これ誰が考えた質問なの()

松:私です()

佐:答えるのが難しい()

E:でも、答えるのが難しい質問の方が、質問としては正解だと思う。

佐:あ、そうですか。

E:何でかっていうと、質問された側が結構深くまで考えないと出てこない。それは正解だと思う

松:あ、良かったです。

E:出てこないけど()

松・佐:()

佐:じゃあこの質問はちょっと置いておいて、

逆にこれは我々も聞くのが怖いんですけど、「スクエアラインを使って良くなかったこと」というのは?

E:良くなかったこと。

佐:これは…

松:これもちょっと聞いておきたいですね。

E:別にないもんな。

松:嬉しいです() ありがとうございます。

E:結局ね、変なこと書かないでもらいたいんだけど()いろんな派遣会社さんにお願いしてて、入ってきた人の顔はちらっと見るけど、雰囲気がいい人が多かった。私生活がちゃんとしてそうな感じ。

佐:スタッフが。

松:確かにそうかもしれないですね。

E:家庭があったりするでしょ。

松:そうですね。

E:他の派遣会社は、独身で、その日暮らしっていう考えの人が結構多くて。

松:そうですね、やっぱり当時は週払いや日払いは行っていなかったので。今はしているんですけど。月払いしかやらないことで、うちとしてはふるいにかけていた部分があったんですよね。日払い・週払いを使わなくていいような、ちゃんとした人。

E:そこだけでもやっぱ違うよね。

松:そうですね。

E:やっぱり日払いとかやってると、不安になっちゃう。

 

 

佐:おおむね今ので全部質問は終わりました。

最後にもう一回戻して「印象に残ったエピソード」だけ残ってるんですけど。もしありましたら。

松:Aさん、良かったですよね。

E:俺の印象に残ってるのって、スタッフがどうのこうのっていうより、松永さん。

松:()

佐:それ一番聞きたい。

 

ついに担当松永について切り込む!
派遣先企業インタビュー第5回はこちら>>>

派遣先担当者様インタビュー 第3回(全5回)

スクエアラインNews, フォークリフト, 派遣先インタビュー, 物流

派遣先企業の担当者様ならではの、派遣会社の見方とは?
<<<第2回を読みたい方はこちらからどうぞ。

 

佐:質問を変えて、「スクエアラインのスタッフ」はいかがでしたか?。

松:最終的に何人いたんでしたっけ?Aさん、Sさん…

E6人くらい?

松:そうですね。

佐:スタッフさんの印象としてはどうでしたか?

E:印象…

佐:我々も沢山いる候補者の中から厳選してスタッフさんをご紹介できている状態ではありません。それでも、スクエアライン派遣は何か違うことがあるのか。それとも偶然ご紹介させていただいたスタッフさんが良かったのか。

E:派遣の営業さんって直接面接するのが仕事で、派遣会社さんも今まで10社以上は付き合いがあるけど、営業さんの運!

松・佐:営業の運!?()

E:間違いない。絶対そう。面接していい人も取りこぼしちゃったり、1日ずれただけでパーになっちゃうし。そういうタイミングが多分良かった。人物的にはそんな別に悪い印象はない。

松:良かったです。

佐:余談ですが、松永は御社でのスタッフさん在籍数が一番多かったんですけど、今回の現場終了によりと担当しているスタッフさんの人数がグっと減りまして・・・。

松:()

佐:営業としてはピンチなんですけど、そのピンチを超えて今グっとまたスタッフさんの担当人数が増えているんですよ。

松:() いやいやいや。

佐:なんかこう、そこのポッカリ空いた隙間に運気が入ってくるというか、失うのだけどその隙間に運気が入ってくるような感じっていうのはありますよね。

E:そういう運がある人って、「運がある」と意識した瞬間に運が下がる。

松:()

佐:なるほど、そこは気を付けないといけないですね。

E:絶対ダメ。そう思っちゃうと今までやってたことをやらなくなっちゃう。

佐:そういう人の変化にも注目してらっしゃるというか、アンテナを張ってらっしゃる?

E:生きてて?

佐:() はい。

E:そういう見方も結構する。経営側というのもあるし。現場で十何年仕事していて、いろいろあって人の心理っていうのがすごい気になって。

佐:はい。

E:(心理の)ライセンスも、自分で実費で取りに行って。ライセンスも持ってるけど。そういうのを勉強しちゃったから、余計そういうことが気になるというか、見える。そこまで人を見ちゃう。どういう考え方をしているのか。

佐:そういったことも・・・。


次回はスクエアラインのスタッフが、他社のスタッフと違う「ある点」についてお話していただきました。


派遣先企業インタビュー第4回はこちら>>>

派遣先担当者様インタビュー 第2回(全5回)

スクエアラインNews, フォークリフト, 派遣先インタビュー, 物流

第1回にひきつづき、派遣先企業の担当者Eさんにインタビュー!
派遣先企業様から見て、他社とスクエアラインの違いとは?
<<<第1回を読みたい方はこちらからどうぞ。

 

 E:うーんと、顔を出してる。

佐:よく担当が来てましたか?

E:現場に顔を出す回数が3倍違う。

佐:3倍ですか!?

E:月1とかじゃなかったでしょ。

松:もっと行ってましたね。月に2,3回。それでNさん(もともとD社の派遣社員だった方)にも顔を覚えてもらえて、今、Nさんはうちで働いてくれてるので。

E:結局行ったの!?

松:来てくれました。

E:言ってよ。

松:すみません!結構最近の話で、いろいろあって。

ED社さんが「Nさんはもううちじゃ引っぱれないから、常務の方でうまく使えない?」って言ってきてくれて。いい子だったから、どうにかしたいなってお願いして。

松:今戸田の方で、E社さんで働いてたSさん(スクエアラインのスタッフ)と同じ現場で働いてます。

E:そうなの!いいね()

松:Sさんも今の現場での評価もすごく高くて。

佐:逆に松永さんにお聞きしたい。現場へのフォークマンご紹介や更新手続きなどで現場訪問する機会はあると思うのだけど・・・

松:はい。

佐:それ以外の時にも訪問、決して松永さんの営業活動の動線として、別件のついでに行ける場所じゃなかったと思うのだけれど。

松:いや、でもそんなに、何も用がなくフラっと行ったってことはないんですよね。

佐:印象としてはどうでしたか?

E:「また来てるんだ」って印象じゃなくて、働くスタッフたちが営業さんが顔を出さないと、自分がどこの人間で何の仕事をしてるのか絶対わかんなくなっちゃう。営業さんが顔を出せば、そこのスタッフとして働いているというのは認識するよね。それをずっと2ヶ月3か月顔を出さないと、多分、自分がどこの人間か、スタッフ本人がわかんなくなっちゃう。そういう気持ちになっちゃうと辞めちゃうと思う。顔出すだけでも違う。絶対違う。あと、スタッフに対して色々やってたじゃん?

松:やってましたっけ?

E:差し入れとかしてたじゃない?

松:あー!そうですね。持って行ってましたね。暑い時期は凍ったアクエリアスとか。

佐:そういう姿を見てらっしゃるんですね。Eさんも現場にいらっしゃるんですか?

E:週3くらいかな。

佐:そういったことを現場で営業がしているというのは伝わるんですね。

E:まあ、わかるよね()

 

 派遣スタッフのみならず、担当松永の頑張りまで見ていてくださったEさん。

(惚れてまうやろーっ!!)
ひきつづき、スクエアラインのスタッフについて語っていただきます。

派遣先企業インタビュー第3回はこちら>>>

 

派遣先担当者様インタビュー 第1回(全5回)

スクエアラインNews, フォークリフト, 未分類, 派遣先インタビュー, 物流

企業様インタビュータイトルビジュアル

こんにちは、スクエアライン本社です。

スクエアラインの社員は、派遣先の皆様へ良いサービスを提供するため、常に向上心をもって仕事に取り組んでいます。

 

「派遣先の担当者の方の本音を知り、より満足していただきたい」
そんな気持ちから、派遣先の担当者の方にインタビューをすることにしました。

 

今回インタビューに応じていただいたのは、埼玉県三郷市のE社、E常務です。
インタビュアーは営業の佐藤と、担当営業の松永です。

 

 

佐:今回は、派遣先の採用担当の方に「スクエアライン派遣を利用してみてどうでしたか?」という趣旨のインタビューです。よろしくお願いします。

E:よろしくお願いします。

佐:まず、スクエアラインとの出会いのキッカケはなんだったんでしょうか?

E:うちが倉庫管理とトラックの輸送業務をやっていて、求人広告をお願いしていた求人媒体屋さんに「どこか派遣会社さんでいいところを紹介してくださいよ」って紹介してもらったのがキッカケです。

松:本当にありがたいですね。

佐:元々、今回のご依頼は閉鎖が決まっている倉庫へのフォークマン募集依頼でした。

どんな業務内容でしたか?

E:請負で食品をやっていました。

佐:何年ぐらい請負されていたのでしょうか?

E32年ぐらい。私が現場をやっていたのは18年。

現場でフォークリフト業務をしながらも、人の管理や面接も自分でやっていました。

佐:現場仕事をしながら、人員募集も・・・大変でしたね。

 

佐:御社には未経験のフォークオペレーターAさんの採用をしていただきました。

 

EAさんはいつからだっけ?

 

松:Aさんは2018/4/1からですね。

EAさんをうちで採用するって言ったのは、いろんな意味があって。

松:そうですよね、ずっとお話を聞いています。

E:業界的に(人材の確保は)厳しいから。資格取ったばっかりで経験なくて、っていう人も「俺はすぐ受け入れるよ」って言ったじゃない。

松:はい。

E:あれは、未経験フォークオペレーターを受け入れたっていう実績を作ってあげたいと、“派遣会社に”。

佐:“派遣会社に”ですか!?ありがたいですけど、それは何でですか?

E:そういう風な気持ちで協力会社(派遣会社)と接しないとダメだと思う。

佐:素晴らしいな。

松:あとあれですよね、Aさん側、フォークリフト未経験の方も、フォークリフトを経験させてくれたっていう恩で、仕事が長続きしてますよね。

E:そう、この現場がなくなるっていうのはわかってたから。

佐:4月の時点でもう。

E:わかってたから。「現場がなくなる」って知ったら、普通みんな最後までいない。途中で辞めて新しい仕事を探す。でも、未経験者は「フォークリフトを教えてくれた」っていう恩があるから、最後までいてくれる。そういうメリットはあるわけ。

松:結果最後までやってくれましたしね、Aさん。

E:で結果、インタビュー記事も作れて() 

 

E:終わりはあったんだけど、最初からAさんを面倒みてて、最初2週間くらい。

松:そうですよね、つきっきりでやっていただいて。

E:付きっ切りで。仕事はさせず、フォークリフトの練習だけをさせて。

佐:お給料付きですよね。

E:それでも、そういう人を一人取っておきたかった。だからお互いメリットがある。

佐:ああ。ちゃんと両方。

E:両方ないとダメ。自分のところのメリットだけ考えてやってると、多分協力してくれなくなる。

佐:そのお考えは社風ですか?

E:って思う。お客さんに対しても、やっぱりこういう風に、お互いのメリットを考えて接してくれるお客さんも結構いるの。けど、そうじゃないお客さんもいる。そういうお客さんには来てもらいたくないと思っちゃう。そういうところは(派遣会社に)紹介したくない。派遣先のT社さん(E社様からご紹介いただいた派遣先)は、やりやすいでしょ?

松:そうですね、はい() 本当にありがたいです。

E:だから、(派遣会社に)紹介はできるんだけど、「派遣の人間だろ」って見る現場は紹介したくない。入る人がかわいそうじゃん。一緒になって社員と同じような扱いしてくれて、コミュニケーションを取ってくれるような現場なら紹介する。

佐:なんか、こちら側が与えていただいているものが多くて、逆にスクエアラインがお役に立てたところでいうと何でしょう?

E:最終的に一番多くスタッフさんが残ってたのって、スクエアラインさん?

松:あ、本当ですか!D社さん(※他社)とかは。

ED社さんも協力してくれたけど、他との稼働がちょうど被っちゃってて。

松:そうですね、確かにうちのスタッフはわりと残ってくれましたね。

E:最後まで5人くらい残ってくれたよ。

 佐:ちょうどこの質問項目に、あまり比べるのもあれですけど・・・「他の派遣会社さんと比べてスクエアラインはどうでしたか?」

 

担当松永ドキドキ…!!
派遣先企業様から見たスクエアラインと他社の違いとは…
派遣先企業インタビュー第2回はこちら>>>

 

日本と世界のフォークリフト時給を比べてみた件

フォークリフト, 物流

フォークリフト・物流派遣なら

お任せ!!!!!!

スクエアラインの角替(つのがい)です。

 

もはや仕事を探す手段として、

スタンダードになりつつあるindeed

 

FireShot Capture 004 - フォークリフトオペレーターの求人 - Indeed (インディード) - jp.indeed.com

 

弊社、スクエアラインの求人も

沢山掲載されていて、

 

『インディードを見て応募しました!』

 

とお問い合わせいただくことも

多くなっています。

 

 

ところで、

 

 

indeedはアメリカ発、

グローバル展開中のサービスですので、

日本のみならず、

他国の求人を検索することも出来るんです。

 

 

そこで今回は…

 

 

比べてみました!

 

 

日本と、

 

 

世界のフォークリフト求人時給を!!

 

 

おそらく、

掲載求人数が多い国に限ってでしょうが、

 

PC上(というかブラウザ?)で希望職種を

入力してから求人検索すると、

 

その職種の賃金相場が表示されます。

 

それでは、

 

さっそく日本版から見てみましょう。

 

続きを読む 日本と世界のフォークリフト時給を比べてみた件

地震のときに、倉庫では

フォークリフト, 物流

フォークリフト・物流派遣ならお任せ。

スクエアラインの角替(つのがい)です。

 

東日本大震災から8年。

 

 

関東にお住まいの方でも、本棚だったり食器棚が倒れ、

部屋中に物が散乱した方もいらっしゃると思います。

 

 

これが倉庫レベルだったら大変だ…。

 

 

その頃はスクエアラインで働いていなかった私。

 

 

当時のニュースを遡って調べてみましたが、

関東で大きな被害が出た倉庫はそこまで多くなかった様子。

 

 

06c921a629c29fbb0ac0a9f73db2286d_s

 

 

物が散乱してしまったということはあるものの、

パレットラック自体は地震対策が施されていることが多く、

崩れたり倒れたり、とまではならなかったようです。

 

 

ccf39be1f0e9463f72848fe7f19885d4_s

 

 

ただ、パレットラックがある倉庫でも、

繁忙期や時間帯によっては作業の都合上

フォークリフトで荷物を直置き&段積みで

仮置きしておくことってありますよね。

 

こういうときに大きく揺れたら怖い。

 

関東でもいつ大地震が起きてもおかしくない今。

 

日頃の防災の備えももちろんですが、

 

倉庫で働く当社スタッフの皆様へ、

業務中に大きな揺れを感じたときの

注意喚起をしていきたいと思います。

 

営業・角替

 

新聞の一面を飾る私

かけ橋, スクエアラインNews, フォークリフト, 岩槻, 活躍, 物流

こんにちは!

営業の松永です!

 

突然ですが、皆様にご覧いただきたいものがあります!

00C8BE6B-0884-4312-B52D-C526EA7710A9

私が単独で新聞に載りました!!!!!!!

物流weeklyという、物流の専門紙にインタビューしていただいたんです!!!!!!!

3月4日号の一面です!!!!!!!!!

こんなことは人生において二度とないと思います!!!!!!

光栄です!!!!!!!

 

企業の方が購読する新聞なので、皆様の目にとまることはないかもしれませんが、もし見かけたら宣伝してください!!!!!

よろしくお願いします!

 

営業:松永